パチンコライターのナミ(撮影/藤岡雅樹)

写真拡大

 パチンコ・パチスロの新台解説や攻略法などを専門誌に執筆する「パチンコライター」という職業。いまやその活動範囲は誌面にとどまらず、地上波やCS放送の専門番組に出演したり、パチンコ店での実戦取材に呼ばれたりと、タレント並みに幅広い。そこで、最近、グラビア撮影にも初挑戦している「DMMぱちタウン」専属ライターのナミさんに、知られざるパチンコライターの世界を語ってもらった。

【写真】パチンコライター・ナミのセクシーショット

──ナミさんがパチンコを打ち始めたのはいつからですか?

ナミ:大学生時代の18歳からです。もともと母がパチンコ好きで、私もゲームセンターのコインゲームなどで遊び方は知っていたので、割とすんなりホールにも入ることができました。

 でも、ゲームセンターと違って、パチンコは大きなお金をかけないと当たらないこともあるので、最初はドキドキでしたね。コンビニのアルバイトで稼いだお金や、貯めていたお年玉などを握りしめて、1万円を投資するたびにヒリヒリした感覚がありました。

──ビギナーズラックはありましたか?

ナミ:ありましたよ。初めて打った時に、少ない投資額でたくさん勝ったんです。それからすっかり味をしめちゃった感じです(笑い)。大学の授業がない日は、朝から晩までパチンコ店にこもることもしょっちゅう。

 当時、付き合っていた彼は、まさか私がパチンコ店に通っているとは知らず、ある日、彼の実家にお土産を持って遊びに行ったら、その紙袋の中にパチンコ玉が転がっていて……。「これ、何?」と言われたこともありました。結局、その彼とは別れちゃいましたけどね。

──プロではなく趣味で打っていた時代は、負けた金額も相当だったのでは?

ナミ:学生時代はパチンコ台のスペック(大当たり・確率変動・継続率などの確率)や、負けている台の“やめ時”もよく分からないまま打っていたので、バイト代をすべて使い切って、帰りの電車賃すら残っていないこともありました。多いときで年間200万円ぐらい負けた年もあったと思います。

──そんなにお金を使っていたら、学生とはいえ生活が苦しかったのでは?

ナミ:そうですね。コンビニバイトの他にも、日払いで給料をもらえる秋葉原のメイドキャバクラなどでも働きましたね。でも、結局、そのお金を持って翌日にはまたパチンコに行く生活でした(笑い)。

──大学を卒業してからはOLも経験したとか。

ナミ:1年間だけ事務仕事をしました。でも、あまり仕事は楽しくなかったし、会社帰りにパチンコに行っても長い時間打てなかったので、ストレスは溜まる一方でした。それで、会社はスパッと辞めて、パチンコ店でコーヒーを配る「コーヒーレディ」の仕事を2年ほどやりました。毎日パチンコ台を見られる仕事だったので、それはそれは楽しかったです。

──そこまで“パチンコ愛”が強かったとは……。パチンコライターになろうと思ったのも、自然な流れですか?

ナミ:じつは人前に出るのがあまり好きなタイプではなかったんです。当時からビワコさんやヒラヤマンさん、かおりっきぃさんなど有名なパチンコライターさんが活躍していることは知っていましたが、仕事として自分がやることになるとは思っていませんでした。

 たまたま、友達が読んでいたパチンコ専門誌にライター募集の告知が載っていて、勧められるがままに応募しただけなんです。

──選考基準は厳しかったですか?

ナミ:それが全然(笑い)。事前に勝率の高い台を選ぶにはどうしたらいいかの「立ち回り」方を勉強したり、「止め打ち」などの専門用語を覚えたりもしたのですが、そんな専門的な審査はほとんどありませんでした。単純に人物像やパチンコライターになる意気込みを見られた感じです。

──2014年にライターオーディションに合格し、それからすぐに稼げるようになったのですか?

ナミ:いやいや。ライターの仕事自体は1文字数円の世界で、ページ全体の構成やレイアウトまで作ってはじめて一人前と認められる仕事。とても書くだけでは生活できなかったので、はじめて2年ほどは催事会場やパチンコ店などでコンパニオンの仕事もしていました。

──パチンコライターとして独り立ちできるようになったのは、いつからですか?

ナミ:ようやく去年くらいからです。それでも、パチンコ店の実戦取材に呼ばれたり、テレビの仕事などが徐々に増えたりしているのが収入的には大きいですかね。

 2011年にパチンコ店のイベント規制があり、「今日は〇〇の台が熱い!」とか「出玉大還元します!!」といった派手な宣伝が禁止された代わりに、私たちのようなパチンコライターを呼んで集客しようとするホールさんが増えて、パチンコライターの収入も増えたんです。

──昔から活躍している“大御所ライター”は収入も別格なのですか?

ナミ:そうですね。有名なライターさんは、1本2桁万円のギャラをもらっていると聞いたことがあります。ただ、いまはパチンコ業界もますます規制が厳しい時代ですし、そこまでライターが稼げる時代ではなくなったと思います。

──確かに、最近では規制がより強まって、「射幸心を煽るから」と有名ライターが店に呼ばれる頻度も減ったと聞きます。

ナミ:これから先、業界全体でギャラの単価が大幅にアップする、かつてのような“バブル時代”は来ないかもしれませんね。でも、私は純粋にパチンコが大好きですし、今後もパチンコの魅力を皆さんにお伝えしていきたいです。

──現在、ナミさんの1週間のスケジュールはどんな感じですか?

ナミ:パチンコ店での実戦取材やテレビ番組の出演、遊技台メーカーさんに呼ばれて新台解説をしたりと、仕事でパチンコを打ちに行くのが、だいたい週3日。その他、プライベートで3日は打っているので、結局1週間のほとんどはパチンコ店にいますね(笑い)。

 新台は自分の好みかどうかにかかわらず、まんべんなく打っておかないと、急にテレビなどに呼ばれたときに解説できないので、プライベートで行く日も、いろんな台の研究はしています。

──ライターになる前は年間200万円負けたときもあったナミさんですが、いまのパチンコ収支は?

ナミ:大きく負けても1か月15万円ぐらいかな。昔に比べて悪い台で粘って大負けすることは少なくなりましたし、負けて大泣きするなど感情的にならなくなったのも、パチンコライターになって良かった点ですね。

──人前に出るのが苦手だったナミさんが、いまではセクシーグラビアの撮影にも積極的に挑戦しています。

ナミ:そうなんですよ。今年はセミヌードのデジタル写真集を出しましたし、来年は際どいポーズが満載のイメージDVDも発売する予定です。じつは私、ヘンな意味じゃなく「脱ぎたい願望」があったんです(笑い)。

 こういう私の姿もたくさんの人たちに知ってもらって、またパチンコファンがたくさん増えたらいいなと思っています。

【プロフィール】なみ/1987年6月20日生まれ、東京都出身。2014年にパチンコ・パチスロ専門誌の「ライターオーディション」に合格しデビュー。2018年よりDMMぱちタウン専属ライター。『恋するパチスロリーグ』(MONDO TV)にレギュラー出演中のほか、『激! 今夜もドル箱』(テレビ東京、火曜深夜1時〜)などで活躍中。2019年はライターからグラビア界にも進出し、デジタル写真集『MEDAL NUDE パチンコライターナミ』を発売。2020年2月25日にはイメージDVD『ナミとのデート』(エアーコントロール)も発売予定。