22日早朝、男鹿市の港を出た漁船から乗組員の男性が海に転落しました。22日の捜索で男性は見つかりませんでした。

秋田海上保安部によりますと行方が分からなくなっているのは男鹿市船川港の59歳の漁師の男性です。男性を含む5人を乗せた小型の底引き網漁船は午前5時ごろ男鹿市の椿漁港を出港し午前5時40分ごろ漁場に到着しました。船長が漁を始める準備をするよう合図した時に、男性がいないことに気づいたということです。

男性は救命胴衣を付けていなかったということです。ヘリや巡視船のほか地元の漁船も協力し捜索が行われましたが見つかりませんでした。あすは範囲を広げて捜索します。