愛犬家としてマナーをしっかり守る桐谷美玲と三浦翔平

写真拡大

 昨年の12月下旬の昼下がり、都内の閑静な高級住宅街でベビーカーを押しながら犬の散歩をしている、ひと際小顔のカップルが現れた。誰もがうらやむ美男美女夫婦は、女優・桐谷美玲(31才)と俳優・三浦翔平(32才)である。黒いマスクで顔の下半分を覆っていても、その美しさが漏れ出ている。

【写真9枚】おしゃれすぎる桐谷&三浦夫妻。桐谷は道端にしゃがんで愛犬家としての務めを果たしている

 昨年7月に出産した長男と愛犬「ぱとら」まで一緒の家族4ショット。テレビのバラエティー番組でも、三浦が夫婦の仲良しエピソードを良く話しているが、その通りの円満ぶりだ。

 ゆっくり歩いていると、ぱとらがピタリと止まった。後ろ足を折りたたみ前足は踏ん張りプルプルと小刻みに震えている。それをじっと待つ3人。約20秒後、リードを持っていた桐谷が、慣れた手つきでビニール袋を取り出し座り込む。黒のレザーロングコートが路面についても気にすることなく、丁寧に愛犬のうんちを処理して、再び歩き出していった。

 近所の60代女性は「桐谷さんたちはよく見かけますよ。おしっこも必ずペットボトルのお水できれいに流されています。このあたりでは犬の散歩をする人が多くて、たまに処理を怠る人がいるけど、あのお二人は人一倍衛生面のマナーを守られている印象です」と明かした。「お二人とも有名な人気者だから、余計に気を付けていらっしゃるのかな」と、ほほえましそうに言葉を続けた。

 ちょうど昨年末には、滝川クリステル(43才)と小泉進次郎環境大臣(39才)夫妻が、この日の桐谷・三浦夫妻と全く同じく、長男を抱きながら大型犬を散歩。SP2人を引き連れながらも、愛犬が歩道で3回もおしっこをしても後処理はせずに放置したまま去ってしまい、その光景を報じられてバッシングを受けていた。

「愛犬家として知られる有名人は、どれだけ飼い犬を愛しているかということに加え、ちゃんとしつけられているか、飼い主としての品格まで見られてしまう。ワンちゃんの散歩には人一倍気を遣うものです」(テレビ局関係者)

 桐谷は1月3日には、自身のインスタグラムで、ぱとらに晴れ着を着せた写真を3枚投稿して「遅ればせながら、あけましておめでとうございます。まったりお正月を過ごしています」と、新年のあいさつをつづった。

 ルックスや仕事ぶりだけでなく、私生活の些細なところまで、イケてる理想の夫婦。結婚してまだ2年半だが、毎年4月22日の恒例の「よい夫婦の日ナイス・カップル賞」を受賞する日も、そう遠くはなさそうだ。