マクロン政権に抗議する「黄色いベスト運動」フランスで再び活発化

ざっくり言うと

  • フランスで、マクロン政権に抗議する「黄色いベスト運動」が再び活発化した
  • コロナ禍で沈静化していたが、12日にパリ市内で大勢の市民がデモに参加
  • 一部が放火や投石をするなど暴徒化して、およそ300人が拘束された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x