紅蘭

写真拡大

26日放送の「ぴったんこカン・カン」(TBS系)で、俳優の草刈正雄が、娘・紅蘭との喧嘩でとった驚きの行動を明かした。

番組では「草刈正雄&紅蘭親子と行く!親子デートツアー」と題して、草刈と紅蘭、安住紳一郎アナウンサーが、東京・成城学園にあるネパール料理店で、知られざる親子のエピソードを披露した。

親子で食事を楽しんだ紅蘭に、安住アナが「最近、1番のお父さんへの苛立ちは何でしたか?」と尋ねると、紅蘭は草刈に「パパが情けない!」と、檄を飛ばすほどの口論があった事を明かした。

家を飛び出そうとする紅蘭を、草刈は「待て!」と制止すると「オレはやるときはやるんだ。3分くれ」と訴え、親の威厳を保つため、ある行動をとったのだという。

そのときを振り返る紅蘭は「父の部屋に連れて行かれ『オレはやるときはやるっていうのを見せる!』ってDVDを入れ始めて」「DVDといったら『真田丸』なんですよ!」と、自身の代表作となった大河ドラマ「真田丸」(NHK総合)のDVDを見せようとする草刈の様子を明かした。

呆れた様子で語る紅蘭に草刈は「久々の代表作なんだから…」と、漏らし笑いを誘った。草刈家には、NHKのドラマスタッフが草刈の名場面だけを集めて編集したDVDがあり、それを見せられるのだそうだ。

一方で、かつての草刈の作品は「ちゃんと見たことがない」という紅蘭に、番組では20代の草刈が載っている「平凡」や「プレイボーイ」といった雑誌を用意。さらに、草刈の主演映画「沖田総司」や大河ドラマ「風と雪と虹と」、主演映画「復活の日」の映像を店内のテレビモニターに写し出すと、紅蘭も興奮気味に見入っていた。

【関連記事】
有吉弘行 売れない芸能人親子に辛らつ発言を連発「今すぐ辞めるのが親孝行」
明石家さんまのIMALUへの教育法に出演陣が絶賛 「普通」の育て方だった
草刈正雄 大河ドラマ「真田丸」出演で娘・紅蘭からは「真田さん」呼ばわり