30日夜、羽咋市で横断歩道を渡っていた男性が軽乗用車にはねられ死亡しました。警察は軽乗用車を運転していた22歳の男を逮捕しました。事故があったのは羽咋市大川町の国道249号で、30日午後10時15分ごろ、横断歩道を歩いて渡っていた羽咋市一ノ宮町の辻口正和さん(53)が、左から走ってきた軽乗用車にはねらました。辻口さんは胸などを強く打ち、約1時間後に死亡が確認されました。警察は軽乗用車を運転していた