コロナに脅かされる首都の命運を担う政治家小池百合子。女性初の都知事であり、「次の総理候補」との呼び声も高い。

【画像】小池と同居人が住んでいたカイロ市内のアパート

 しかし、われわれは、彼女のことをどれだけ知っているのだろうか。


©JMPA

「芦屋令嬢」として育ち、謎多きカイロ時代を経て、キャスターから政治の道へ――。常に「風」を巻き起こしながら、権力の頂点を目指す彼女。『女帝 小池百合子』(石井妙子著、文藝春秋)は、今まで明かされることのなかったその数奇な半生を、ノンフィクション作家が3年半の歳月を費やした綿密な取材のもと描き切った。

 石井さんは、カイロ時代の小池都知事の同居人・早川玲子さん(仮名)に話を聞いている。そのなかでエジプト留学中の小池都知事について、きわめて重大な証言がいくつもあった。『女帝 小池百合子』より一部を抜粋する。

早川さんが小池と同居するに至った経緯

「娘がアラビア語を勉強するためカイロに留学した」

 小池百合子の父・勇二郎は、中東でも日本でも、商談相手や有力者に積極的にそう語っていたという。中東にやって来ると商談の場や接待の席に小池を伴った。

 カタコトのアラビア語を話す日本の若い女性は、ものめずらしく喜ばれた。カイロでキモノを着て出かけていく小池を、口の悪い日本人留学生たちは、「ゲイシャガール」と陰で呼んでいたという。早川さんが振り返る。

「若い百合子さんを心配した商社マンの奥様が、『小池さんは日本人の女性と一緒に暮らしたほうがいいのではないか』と心配して同居人を探させたのだという話を、何年も経ってから聞きました」

 早川さんの日記には当時の戸惑う思いが綴られている。

「百合子さんはとても若い。まだ、子どもなのだから、守ってあげなくては」

 早川さんは母親宛の手紙に、まるで自分に言い聞かせるように、そう書いている。

 ふたりがザマレックの高級アパートで同居生活を始めるのは1972年6月。

 1LDKなので独立した個室は一部屋しかなく、リビングダイニングの一角をカーテンで区切って、もう一部屋を作った。小池が先に個室を選び、早川さんはリビングの一角を自室にすることになった。

次々と訪問客が……小池に対する印象の変化

 最初の晩、小池は枕と毛布を抱えて早川さんのところにやってきた。

「ひとりで寝るのは怖いから、早川さんの隣で寝かせて」

 早川さんは小池をいとおしく思ったと、母宛の手紙に書き残している。

 ところが、次第に早川さんの小池に対する印象は大きく変わっていく。

「大人なのか、子どもなのか」

 次々と訪問客がやってくる。皆、男性だった。小池はコケティッシュな振る舞いで彼らを翻弄し、魅了していた。大きな眼で上目遣いに見つめる。小首をかしげて、目をクルクルと動かす。独特の身体のしな。ダジャレの切り返し。

小池は「カイロでは男性たちにとってアイドル的な存在だった」

 小池はカイロにいる日本人女性の中で、とびぬけて若かった。それだけでも目立つ。その上、中東に興味を持ってカイロに留学してきた他の女性たちと違って、きわめて「普通の女子大生」らしい雰囲気があった。明るく、若さが弾んでいる。早川さんが回想する。

「百合子さんは仕草や表情が豊かで、相手の気をそらさない。目を大きく見開いて、じっと上目遣いに相手を見る。男の人は百合子さんをからかっては、彼女がどう切り返すかを期待して喜んでいた。ダジャレやギャグが次々と飛び出す。だから、カイロでは男性たちにとってアイドル的な存在だった」

 その頃の小池は歯並びが悪かった。男性たちが、「おい、小池、お前、その歯でどうやってスイカ食うんだよ」とからかう。そんなことを言われても上目遣いでニヤッと笑って、愛嬌たっぷりに相手を言い負かした。

小池を訪ねる客への対応に追われる日々

 早川さんは、次第に小池を訪ねてくる客のために、お茶を出したり、料理をつくったり、後片付けをしたりで1日が終わってしまうことへの不安や不平を日記に綴るようになる。夜は遅くなり、朝は小池と昼近くまで寝ているような生活になってしまった。日本人ばかりと会って、日本語を話してしまう。こんなことでいいのか、これでは何のためにカイロに来たのかわからないと日記で自問している。商社の男性たちに誘われて、小池が日中、ゴルフやテニスに出かけていくと、寸暇を惜しんで家でアラビア語のノートを広げた。

 それにしても、これからカイロ大学に入学するというのに、こんなに勉強しないで大丈夫なのか。早川さんのほうが心配になった。というのも他の日本人学生たちが、いかに必死に勉強しているかを知っていたからだ。皆、難解なアラビア語にかじりついて格闘していた。

「お父さんがカイロ大学に入れるように頼んでくれている」

 遠回しに早川さんは「勉強しないでも平気なの?」と尋ねたが、小池から返ってくる言葉はいつも一緒だった。

「いいの。だって、お父さんが、ドクター・ハーテムにカイロ大学に入れるように頼んでくれているから。それを待っていればいいの」

 有力者のコネで入学させてもらえたとしても、入学後に備えて勉強しないで大丈夫なのか。だが、それ以上は言えなかった。

 小池は家でノートも本も広げない。時間があると日本の歌謡曲をカセットで聞いていた。ひと言もアラビア語を話そうとしないことが、不思議だった。

 そんな中で7月、再び勇二郎がカイロにやってきた。宿はいつも、ナイル・ヒルトンホテルと決まっていた。ヒルトンに泊まれるのに、なぜ、娘に仕送りをしないのか。子どもに自立を促すためなのか。だが、自立を促そうとする親ならば、娘を入学させるためにエジプトの要人に不正入学を頼んだりはしないだろう。

父親が泊まっているヒルトンから何かを必ず持ち帰ってきた

 ヒルトンにいる父親に、小池は会いに行く。するとある日、白い大きな巾着袋(きんちゃくぶくろ)のようなものを手に提(さ)げて、アパートに帰ってきた。

 小池はその巾着袋をテーブルの上に置くと、早川さんの眼をじっと見つめながら、無言で巾着の口を握っていた手を離した。

 ガチャガチャと音を立てて巾着は四方に広がった。中から現れたのは、コーヒーカップ、皿、ナイフ、フォーク、シュガーポット……。すべてにヒルトンのロゴが入っていた。白い巾着はテーブルクロスだとわかった。父親とルームサービスを取り食器をテーブルクロスごと包んで、丸々、持ってきたのだと、小池は悪びれることなく早川さんに告げた。

 驚く早川さんを小池は笑いながら見ていた。早川さんは言う。

「すごく驚きました。でも、私はそれも、お茶目でしたことなんだろうと思ったんです。いたずらのつもりでしたんだろうと。私、こんな悪いことだってできるのよ、驚いた? そんなふうに感じたんです」

 だが、そう思おうとしても割り切れない思いが心には残った。

 父親は娘がこんなことをするのを黙って見ていたのか。それとも父親が見ていないところでしたのか。あるいは父親が勧めたのか。

 その後も小池は、ヒルトンに泊まる父親に会いに行くたびに何かを必ず持ち帰ってきた。早川さんは、次第にお茶目でやっているとは思えなくなった。ヒルトンのハンガーは、やがてクローゼットに入りきらなくなった。

(文中一部敬称略)

 カイロ時代の結婚をめぐる顛末、「カイロ大首席卒業」とされている小池百合子都知事の学歴詐称疑惑などについて、詳しくは『女帝 小池百合子』をお読みください。

「ジャンヌ・ダルクは火あぶりになるからイヤ」築地の女性たちが絶望した小池百合子の“二枚舌” へ続く

(石井 妙子)