リバプールDFジョー・ゴメス(左)が南野拓実を絶賛【写真:Getty Images】

写真拡大

ゴメスが南野の能力を称賛「プレスへの執念とスタイルへの適応力がある」

 日本代表MF南野拓実は1月1日付けでリバプールに加入し、これまで公式戦4試合に出場している。

 主力のセンターバック(CB)を務めるイングランド代表DFジョー・ゴメスは、南野について「信じられない補強」と惜しみない賛辞を送っている。

 今冬唯一の補強となった南野は、現地時間1月5日のFAカップ3回戦エバートン戦(1-0)で3トップの中央として先発起用され、公式戦デビューを飾ると、23日のプレミアリーグ第24節ウォルバーハンプトン戦(2-1)ではセネガル代表FWサディオ・マネの負傷離脱により前半33分にリーグ戦初出場。前半は左サイドハーフ、後半は右サイドハーフに配置された。

 様々なポジションに入り適性を見極められている南野について、オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクと最終ラインでコンビを組むゴメスは「信じられない補強」と、チームにとって重要な戦力となることに太鼓判を押している。

「彼はハッピーでポジティブな男だ。良いオーラをまとっている。公平に言っても、彼とプレーした時、誰もが彼の持つ影響力に気づいていた。彼がアンフィールドにやってきた際、どれだけ上手くこなし、どれだけ上手く試合に入れたことか。プレスへの執念と僕たちのスタイルへの適応力がある。信じられない補強だよ」

 ゴメスは南野の公式戦初陣、リーグデビュー戦のどちらも先発していた。同じピッチに立ち、後方から南野の動き出しやプレーをチェックした1人だけに、新顔の日本人アタッカーの飛躍に期待を寄せていた。(Football ZONE web編集部)