ジェームズ・キャメロン監督(67)は、映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の興行成績に関して不安を抱いているそうだ。映画史上最高の興行収入を記録した2009年作『アバター』の待望の続編となる同新作だが、映画館での成功は約束されていないと考えているという。 【写真】キャメロン監督は「アバター」続編を作るべきか悩んでいたという キャメロン監督はエンパイア誌