「殺しちまえばいいじゃないスか」クリスチャンの被害者がオウムのサリン製造者を凍りつかせた瞬間 から続く

【写真】この記事の写真を見る(4枚)

 一連のオウム真理教事件、光市母子殺害事件など、数々の公判に立ち会ってきたジャーナリストの青沼陽一郎氏。青沼氏は、そこで極刑判決が下された裏にある、様々な被害者や遺族の苦しみを目の当たりにしてきた。

 判決に至るまでを描いた青沼氏の著書『私が見た21の死刑判決』(文春新書)から、そんな被害者や遺族の複雑な感情について、一部を抜粋して紹介する。(全2回中の2回目。前編を読む)

◆◆◆

遺族のジレンマ

 しかし、被害者や遺族の全てが同じ感情を抱くとは限らない。

 人の顔がそれぞれであるように、考え方も人それぞれである。そこには、人間としての迷いも苦しみもある。

 坂本弁護士一家殺害事件で殺害された妻・都子さんの実父の大山友之さんは、岡崎の法廷にこそ出廷して処罰感情を述べている。そして、判決公判も傍聴した。しかし、それ以降、共犯者の公判には出廷することなく、上申書を提出するに留まる。判決公判にも出向かなかった。

 ぼくがはじめて死刑判決を目の当たりにしたとき、「被告を死刑に処す」の言葉をはじめて聞いた時、大山さんはこう思ったそうだ。


©iStock.com

 これで、都子は喜ぶだろうか──。

 娘家族にやっと報告ができる、と思った次の瞬間に湧いてきたことだった。

 あれだけ人に優しかった娘が、死してなお人の死を望んだだろうか。

 死の間際に「子どもだけは、お願い」と叫んだ娘が──。

 その時に、急激なジレンマに襲われたという。

 犯人を憎いと思う気持ちはある。しかし、それで死刑を求めると言ってしまったら、犯人と同じ立場になってしまうのではないか。死刑であれ、人を殺すことにかわりはない。娘はそれを望んだか。夫の坂本弁護士はこうした信者たちを救うために身を挺したのではなかったか。

 事件の真相を知りたいと審理にも足を運んだ大山さんだったが、期待した以上のものはなかったという。

 それで、人の死が訪れる結末を見たところで、何になるのだろうか。

 それ以来、判決公判には足を運ばなくなった。麻原の公判にも姿を見せなかった。

極刑を望む、とは決して言えなかった

 畠山鈴香の場合は、もっと複雑だった。

 殺された彩香ちゃんの遺族は、鈴香の実母であり、実弟であった。

 だから、犯人に極刑を望む、とは決して言えなかった。

 望むといえば、実娘を殺した鈴香と同じことを、鈴香の母親が背負うことになる。

 そこにこの事件の悲劇があった。

 あとにして思えば、それも極刑選択が躊躇われた理由のひとつなのかもしれない。

 愛する家族を奪われたことで殺人犯を憎いと思う。そこで、死刑を望み、それが叶えば、殺人犯と同じ道程を歩んだことになるのではないか。

 そこで苦しむ遺族の姿も見てきた。

 検察の尋問に、どのような処罰を望みますか、と聞かれた女性がさらに涙を零して言う。

「ごめんなさい……死刑に……してください」

 遺族が、ごめんなさい、といわなければならないなんて、どこかおかしい気がする。

 とても残酷な世界がそこにはある。

 ならば、この章の冒頭で触れた本村洋さんには、迷いはなかったのか、といえばそれも嘘になる。

 彼は、差し戻し控訴審の意見陳述の中で、事件が発生してから、ひとつのことに悩んでいたと語っている。遺族として一切、取材に応じることもマスコミに触れることもなく、静かに裁判の経緯を見守るべきか、それとも、マスメディアに積極的に登場して報われない遺族の心を訴えていくべきか──。

「私は事件直後、事件を社会の目にさらし、司法制度や被害者の置かれる状況の問題点を見いだしてもらうことを選択しました。家族の命を無駄にしないことにつながると思ったからです」

「悔悟の気持ち」を抱く理由

 その上で、いまはその判断が間違いだったのではないかと悔悟の気持ちに襲われるとも言った。理由は、差し戻し審中に弁護団が自らの主張を世間に知らしめるために、インターネット上に裁判の資料を公開していたことだった。

「妻の絞殺された状況を図解した画像が流布され、議論されている状況を快く思っていません。妻の悔しさを思うと涙があふれてきます。家族の命をもてあそばれている気持ちになるのは確かです」

 声を大きくすることも、また苦痛を伴う。

 そしてまた彼は、ずっと死刑の適用を求めると主張しながら、実は被告人は死刑にならないのではないかと思っていたことも、法廷の被告人に向かって吐露している。

「私は、前回の控訴審ではじめての意見陳述の時、こう述べました。

『妻と娘の最期の姿を君は忘れてはならない。君が犯した罪は万死に値します』

 その時には、死刑判決が下されない可能性が高いと思っていました。君が社会復帰した時に二度と同じ過ちを犯してほしくないと思い、人間としての心を取り戻せるようにと一生懸命に話しました。

 それから5年以上の歳月が流れ、死刑判決の可能性が高まり、弁護人が代わり、君は主張を一変させた。それが私をいま最も苦しめています。

遺族を苦しめる極刑

 A(元少年)君。私は君に問いたい。

 君がこれまで、検察側の起訴事実を大筋で認め、反省しているとして情状酌量を求めていたが、それはすべて嘘だったと思っていいのですか。

 私は君が法廷で真実を語っているとは到底思えない。もしここでの発言が真実だとすれば、私は絶望する。君はこの罪に生涯反省できないと思うからだ。

 君は殺意もなく偶発的に人の家に上がり込み、二人の人間を殺したことになる。

 こんな恐ろしい人間がいるだろうか。

 君は殺意もなく、生きたいと思い最後の力を振り絞って抵抗したであろう妻と娘の最期の姿が記憶にないのだから、反省のしようがないと思っている」

 そして、遺族は裁判官に訴える。

「私たち家族の未来を奪った被告人の行為に対し、私は怒りを禁じ得ません。人の命を身勝手にも奪った者は、その命をもって償うしかないと思っています。それが、私の正義感であり、私の思う社会正義です。そして、司法は社会正義を実現し、社会の健全化に寄与しなければ存在意義はないと思っています」

 そして、あらためて言うのだった。

「裁判官のみなさま。私は妻と娘の命を奪った被告に対し、死刑を望みます。正義を実現するために司法には死刑を科していただきたくお願い申し上げます」

 極刑とは遺族をまた苦しめるものであることは、いうまでもあるまい。

(青沼 陽一郎/文春新書)