(写真:アフロ)

写真拡大

人気YouTuberHIKAKIN(31)が5月21日、自身のYouTubeチャンネルを更新。新型コロナウイルス感染拡大の中で働く医療従事者のために、Yahoo!基金と共同で「コロナ医療支援募金」を開設したと告知した。またその基金に先んじて、HIKAKIN自ら1億円を寄付したことを発表。「僕と一緒に募金してください」と視聴者に寄付を呼びかけた。

基金を立ち上げたきっかけは、SNSに寄せられた医療従事者からの悲痛なダイレクトメールだったことを明かしたHIKAKIN。そこから自分なりに医療従事者の労働環境などを調査。彼らが立たされている環境を知って「自分にできることは何だろう」と考えた結果、今回の基金設立に至ったと経緯を語った。

また募金はクレジットカードやTポイント、キャリア決済から手続き可能でHIKAKIN自らが動画で操作方法を説明。「Tポイント1円から誰でも簡単に募金できます。また(募金が難しくても)この動画を拡散して頂くことが支援に繋がります」と強調した。

この動画は120万回以上の再生を記録し、募金の情報もSNSで急速に拡散。同日の23時現在で寄付人数はすでに9万人を超え、HIKAKINを除いた募金総額は5,000万円を突破している。

またHIKAKINは今回の基金設立以前から、YouTube動画を通じて新型コロナウイルス問題に関する様々な発信をおこなってきた。

『若いみんなへ、ヒカキンより』では早い段階で若者に外出自粛を呼びかけた。『小池都知事にコロナのこと質問しまくってみた』では若者代表として視聴者目線の質問を並べた。『コロナ感染して集中治療室から復活した方にインタビューしたら恐怖でしかなかった』ではコロナ感染の恐怖を拡散すべきであると唱えた。

この日も動画の最後に「ネットには本当にたくさんの人を巻き込む力があると信じてます。今回YouTuberの本気とネットの本気を出し切りたいです」と熱く語ったHIKAKIN。ネット上でも、このHIKAKINの「社会に貢献するための発信」を絶賛する声が相次いだ。

強い想いに裏付けされた“発信力”と幅広い世代に受け入れられる“柔軟性”を兼ね揃え、チャンネル登録者数はすでに840万人を超えているHIKAKIN。ネット上では支持者を中心に日本が誇るトップYouTuberの政界進出を期待する声も多くあがっていた。

《HIKAKINさんが、いつか政治家になるとこまでイメージ出来ました笑 「好きなことで生きていく!」で有名なヒカキンさんだったけど、いつの間にか世のため人のために生きる漢に。YouTuberの枠組じゃないね、もはや…》
《協力を頼む前に自分は1億円寄付…お金あってもできる事じゃない、本当に尊敬する!家でできる寄付なんてやり方も分かりやすくて最高!こんな人が国政に携わればいいのに。HIKAKINさん、あなたには800万人以上の支持者(チャンネル登録者)がついています!》
《もうさ、HIKAKINのような若い世代に政治してもらった方がいい。政治家がコロナの怖さをどれだけ若者に訴えても響かないけれど、HIKAKINが言うと若者たちはないお金を振り絞って寄付までする。何を言うかももちろん大事だけど、誰が何を使って発信するかの時代に突入してるなと感じる。HIKAKINのスーパーヒーロ感すごい!》