転職先選びに必要な「10の絶対条件」

写真拡大

以下は読者のブレットから寄せられた便りと、私からの回答だ。

私は今の仕事をやめる決心がつき、昨年9月から転職活動をしています。

現在2社から内定をもらったほか、2社で選考が進んでいます。

選択肢がいくつかあるため、転職先は厳しい基準をもって選びたいです。今既に仕事には就いているので、転職するなら今よりはるかに良い条件の仕事でないとだめだと思っています。

現職と、内定をもらった2社の詳細は次の通りです。

現職
役職:人事コーディネーター
給与:4万9000ドル(約540万円)
企業文化評価(最高A〜最低F):F

A社
役職:上級人事補佐
給与:5万3000ドル(約590万円)
企業文化評価(最高A〜最低F):確信が持てないが、大丈夫そう(A〜Cくらい)

B社
役職:人事ゼネラリスト
給与:5万6000ドル(約620万円)
企業文化評価(最高A〜最低F):確信が持てないが、大丈夫そう(A〜Cくらい)

B社の人事ゼネラリストが最も報酬が高いですが、企業文化面では現職と比べてどれほど改善するか分かりません。また、B社は安定の大企業ですが、スタートアップのA社の方が昇進のチャンスはあるかもしれません。

内定を承諾すべきかどうか、そうだとすればどちらを選ぶべきかはどう決めれば良いでしょうか?

ブレットへ

全ての会社の企業文化をAからFで採点できるなら話は簡単で、内定承諾の是非も楽に決められるだろう。しかし現実はそうではない。

実際は、会社全体に1つの固定された企業文化が存在するわけではない。文化は部署や時期によって変わるからだ。応募中の企業の文化を採点しようとするよりも、「自分が次の仕事で新たに求めているものは何か? 求めているものは、この仕事で手に入るのか?」と自問しよう。

もちろん企業文化は極めて重要だ。その会社に長く勤めようと考えている場合ほど、その重要度は増す。しかし近年では、できる限り長く居座ろうと考えて仕事を選ぶことはあまり賢明とは言えなくなった。

長期的で安定したフルタイム従業員として働く時代は終わった。現代は、誰もが起業家の時代だ。全ての仕事は、ビデオゲームの1ステージとして考えなければならない。各ステージで集めるべき宝物がある。仕事を通してそれを獲得し、次のレベルに進もう!

以下に、内定を受けたときに自問すべき10の質問を挙げる。A社とB社に当てはめて考えてほしい。

1. 新たな仕事では、新しいことが学べるか。この仕事で、現在の履歴書にはない「ネタ」が手に入るか。

2. 勤務スケジュールはどうか。確信が持てない場合は、内定承諾まで進む前に早い段階で確認しておく。

3. どのような昇進の機会があるか。現職や、応募中の他企業とも比較する。

4. 上司になる人はどうだろう。これまで会話した中で、自信を持った正直な人に映ったか、それとも役人のように単調で怖い人に見えたか。あなたが仕事で成功し、幸せを感じられるかどうかを大きく左右するのが直属の監督者だ。不安定な上司は多く存在する。こうした上司に当たれば、惨めな生活が待っている。

5. 会社での1日はどのようなものか。朝9時や午後3時には何をしているだろう。この仕事で私の魅力や影響力は上がるだろうか、逆に下がるだろうか。仕事は自分の得意なこと、好きなことと一致しているか。

6. この仕事でどのような課題を解決することになるか。現時点で何が課題なのかが分からなければ、質問を重ねよう。内定を承諾するのは、重大な課題を解決できる場合に限る。そうでない場合、その仕事は雇用主にとって欠かせないものではないため、いつ解雇されてもおかしくない。

7. 勤務時間外や週末の対応を期待されていないか。確信が持てない場合は質問しよう。内定承諾後や勤務開始後になってから、週末の電話対応や深夜のメール返信を期待されていることを知るようではいけない。

8. 内定を出した企業の評判は? 口コミ情報サイトでの評価はどうだろう。会社について知り合いに尋ねた場合、どのような反応が返ってくるか。従業員や顧客をぞんざいに扱う企業、倫理に欠けた無能なリーダーが経営する企業に就職してはいけない。

9. 採用プロセスでどのような扱いを受けたか。候補者に何週間も連絡せず、平気で放っておくような会社での仕事はお断りだ。

10. 最後に、直感ではどう感じているか。勘はあなたを守るため、長い期間をかけて進化してきた。頭で考えることをやめて本能の声を聞いたとき、どう感じるだろうか。

就職の機会が巡ってきたら必ず、ここに挙げた10の質問を自問しよう。新しい仕事には就きたいだろうが、あなたが自分で言っていたように、高い基準を設定しても問題はない。自分の時間と才能を高く評価していることを世間に、そして雇用主に伝えよう。

そうすれば、世間もあなたを自己評価と同じくらい高く評価するはずだ。

幸運を祈っている。