中古iPhoneの購入には欠かせない、アクティベーションロックの確認。

iPhoneのシリアル番号で検索すると、そのiPhoneが前のユーザーによってロックされているか否かを調べられました。

しかし、Appleがこのページを1月下旬に閉鎖していたことが判明しました。

アクティベーションロックと中古iPhone

アクティベーションロックは、盗まれたiPhoneの転売・再利用を防ぎ、これによって盗難を抑止する効果を狙った機能です。
iPhoneを守る最後の砦「アクティベーションロック」の設定方法

iCloudと同期する際に自動でオンになり、初期化してもロックされた状態が続きます。ロックされているとiPhoneを利用することができません。

ロックの解除にはApple IDのメールアドレスとパスワードが必要です。

中古iPhoneの市場には盗品が出回ることもあり、そうしたiPhoneにはロックが施されていることが多いとされています。

したがって購入前の中古iPhoneにロックが施されているか否かを確認できる、Appleの確認ページは重要な存在でした。
→ 中古iPhoneを買う前に必ず確認すべきこと

Appleが確認ページを意図的に閉鎖?

ウェブサイト『9to5Mac』によると、確認ページの閉鎖を受け、Appleのほかのウェブページから確認ページへのリンクが削除されています。

一方、iPhoneのSafariからiCloud.comにアクセスすると「アクティベーションロックのステータス確認」というリンクは残っています。


© 2017 Apple Inc.

ただし、リンクをタップしても「iCloud内にページが見つかりません」と表示されるだけで、確認ページは利用できません。


© 2017 Apple Inc.

確認ページが閉鎖されたのは意図的なもので、一時的なトラブルによるものではない可能性も指摘されています。しかし、なぜ閉鎖したのかは分かっていません。

中古iPhoneを購入する前に注意すべきポイント

可能であれば、信頼できる販売店から購入しましょう。

もしiPhoneにアクティベーションロックが施されているのであれば、その店が買い取る際のチェックで判明しているはずです。

購入する前には、初期化後でもiPhoneが利用できることを必ず確かめて、自分の目でロックが施されていないことをチェックするようにもしましょう。

参考

Apple inexplicably removes iCloud Activation Lock status page, which helped people avoid buying stolen iPhones | 9to5Mac「iPhone を探す」のアクティベーションロック - Apple サポート