事件翌日、沖縄県内の病院から退院する松田聖子(写真/共同通信社)

写真拡大

 デビュー3年目、人気絶頂にあった松田聖子がコンサート中に暴漢に襲われる──そんな前代未聞の事件が勃発したのは、今から38年前の1983年3月28日のこと。芸能界はもちろん社会的にも大きな衝撃が走った。

 会場は沖縄市市営体育館。当時21歳の松田聖子は「松田聖子スプリング・コンサート」を開いた。18時30分よりコンサートがスタート。開始から1時間が経過した19時40分頃、事件が起こった。当時の状況を知る沖縄出身の人気ものまねタレント、魅川憲一郎さんはこう述懐する。

「当時、私は中学生で熱烈な聖子ファンでした。彼女が初めての沖縄コンサートを開くということで沖縄は大騒ぎ。周りの何人かの友達は運良くチケットを取れたのでコンサートに行きましたが、そこで不運にもあの事件が起きたのです。翌日の学校ではその話題で持ち切りとなり、その様子を一部始終、こと細かく聞きました」

 事件は『渚のバルコニー』を歌っている最中に起きた。

「軽快に歌い、サビに差し掛かるところでした。スタッフがステージの下手から来たと思ったら、急に聖子ちゃんに詰め寄り、右手で持っていた40センチくらいの鉄パイプで聖子ちゃんの頭を6回ほど殴り続けた。

 会場は悲鳴の嵐。すぐに10人ほどの親衛隊に取り押さえられました。聖子ちゃんは失神した様子でスタッフに抱きかかえられ、病院に直行。後で私もその映像を観たんだけど、確かにスタッフのような感じでステージにフラっと上がって行っているんです。

 幸いにも骨折や脳内出血はなく、打撲、裂傷で済んだんですが、これ以降しばらく、聖子ちゃんが沖縄でコンサートをすることはありませんでした」

 しかし2007年、沖縄でディナーショーを開催。事件から約四半世紀後のことだった。

「嬉しくてもちろん観に行きました。最初の曲は『抱いて…』でしたね」(魅川さん)

 38年前とはいえ、会場での警備の脆弱さと、専属のボディガードを付けていなかった問題など、アイドルイベントでの警備体制の強化が大きく問われた事件だった。

取材・文/松永多佳倫

※週刊ポスト2021年5月7・14日号