『若尾文子映画祭』ポスタービジュアル ©KADOKAWA

写真拡大

上映イベント『若尾文子映画祭』が2月28日から東京・角川シネマ有楽町ほか全国で順次開催。発表とあわせて新たな予告編が公開された。

【動画と画像を見る】

1951年に大映第5期ニューフェイスに合格し、1952年に『死の街を脱れて』でデビューした若尾文子。増村保造をはじめ、溝口健二、小津安二郎、市川崑、川島雄三、吉村公三郎らの作品に起用され、2015年までの映画総出演数は160本を記録した。ソフトバンクのテレビCM「白戸家」シリーズでは白戸次郎の母親役を演じている。

『若尾文子映画祭』では若尾文子の出演映画作品から41作を上映。世界初披露となる増村保造監督『刺青』4Kデジタル修復版をはじめ、小津安二郎監督『浮草』、市川崑監督『ぼんち』、溝口健二監督『赤線地帯』『祇園囃子』、川島雄三監督『女は二度生まれる』『雁の寺』『しとやかな獣』などがラインナップしている。

チケットは現在販売中。1回券にはポストカード、5回券にはクリアファイルが特典として付属する。

なお12月25日には映像作品『若尾文子 入門編 DVD-BOX 1』『若尾文子 入門編 DVD-BOX 2』が同時リリース。