「千鳥」の大悟

写真拡大

 お笑いコンビ「千鳥」の大悟(39)が、8日深夜放送のフジテレビ「志村でナイト」(火曜深夜0・55)に出演。高級和食店に訪れた際のエピソードを披露した。

 お笑いタレントの志村けん(69)から「今まで1番高い食い物って何食った?」と質問され、「この前すごい所に行った」と明かした大悟は、某グルメサイトでトップ3に入るという和食屋での出来事を語った。

 その店は「普段絶対に入れない様な店」と高級店であることを強調しつつ、「まずびっくりしたのが、最初に出てきたおしぼり。子供のバスタオルぐらいデカかった」と回顧。「わしに全身拭けって言うとんか」と感じるぐらいのサイズ感で「思わず笑ってもうた」と振り返った。

 料理でも度肝を抜かれた大悟。1品目に出されたのは「日本酒を飲む様なおちょこに、桜の花びらが2枚だけ入っているお湯」。食べ物か飲み物なのかすら分からず、店の大将に尋ねると「お飲みください」と言われ、そこで初めて飲み物であることが分かったという。

 「もしかしたらあさりのダシが効いたスープ的なやつ」と思いながら飲んでみると「ほんまにお湯なんです」と大悟。大将は「よくあります、和食屋では」と語っていたそうだが、「1回もねえわ!」と苦笑したことを明かしていた。