シリア政府が収容所で絶滅行為 国連の調査委員会が報告

ざっくり言うと

  • 国連の調査委員会は8日、シリア政府の収容所内での「絶滅行為」を公表した
  • 内戦で多くの人々を拘束し、拷問や処刑などで数千人を殺害したと指摘
  • 医療も不十分で、「非人間的な居住環境」が原因で死亡した人もいたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング