カルディで売り切れ続出「幻のチーズ」を一口食べて感動…おいしすぎるっ

 ライターの高木沙織です。あれはたしか去年の秋。ネットで見た白くて丸く、割ると中身がトローンと出てくるチーズが激しく気になって……。

 それがカルディで販売されている「【冷凍】イタリア ブッラータ(125g)」(656円/税込)だと知ってからはもう食べたくて食べたくて、頭の中が「ブッラータ」でいっぱい。

 だったのですが……。

◆やっっっっと買えた!幻のチーズ

「ブッラータ」が食べたい!
「ブッラータ」とは、モッツァレラチーズでつくった袋に、生クリームと細かくしたモッツァレラを包んだ、イタリアのフレッシュチーズです。

 パスタやサラダの上にドンッと丸ごと1個を乗せて贅沢に味わいたい、そう思い食料品の買い出しをする日には急ぎ足でカルディに向かい、「ブッラータ」を探していたのですが、“ない”んですよね。取り扱いがないんじゃなくて、売り切れ。「ブッラータ、ありますか?」何度店員さんにこう聞いたことか。

 オンラインストアで入荷待ちをし、“入りました!”の連絡メールに気付いてすぐにチェックをするも時すでに遅し。その間わずか数時間ですよ。

 これはもう出会えないのではないか、と諦めかけたある日。通院のために立ち寄った滅多に足を運ばない駅構内のカルディにあったんです!

(これがあの幻のブッラータ……)かと手に取ると、「お客様、ラッキーですね。ブッラータはこのあと30分もしないうちに売れちゃいますよ」と店員さん。

 欲と執着を手放したことによって出会えたのでしょうか。とにかくよかった、今日にでも食べようと購入し、帰宅の途についたのでした。

◆24時間待たないと食べられないって、そんな……でも待つ!

 カルディの「ブッラータ」は冷凍で販売されているので、解凍が必要なのはわかっていました。家に帰って、夕飯くらいにはいい感じに……。なりません!

 “冷蔵で24時間解凍”との注意書きが。(解凍後は冷蔵保存で3日以内に食べること、だそうです)

 泣く泣く冷蔵庫へと移し、時が来るのを待ちます。

 購入時は容器もろともカチコチに硬かった「ブッラータ」ですが、丸一日冷蔵解凍するとチャポチャポとフレッシュな音。いざ容器を開けてみると……。

 なんか可愛い! 白くてポチャッとした「ブッラータ」がプカプカと浮いているではありませんか。雪見だいふくか肉まんみたい、うん、サイズ的には肉まんだな。

 それと、突っつきたい……、どうしても。そう思い触れてみると、思っていたよりも弾力があってしっかりとした感じ。

 水を切って……。その姿があらわになるにつれてテンションが上がってきます。

◆シンプルにサラダに乗せてみた

 パスタもいいけれど、近頃野菜不足だった筆者。ベビーリーフとトマト、チキンのサラダに乗せることにしました。

 まだ「ブッラータ」を乗せていないのにも関わらず、間違いなく映えるのがわかる!
 それでは……。

 乗せてみようではありませんか。

 ポテーンとしたボリュームのある存在感。
 恐る恐る包丁で切れ目を……。

 あれ、そんなに中身が出てこない系? もっとビャッと勢いよく中身が出てくるのかと思っていたので、すっかり安心し切り口を大きく開いていきます。

 ネットで見たの、この感じ! ガバッと開いたほうがインパクト大で、チーズが流れ出てきて食材に絡んでくれます。

 そこにオリーブオイルと今ハマっているレモンペッパー(これもカルディで購入できます。ブラックペッパーに食塩、にんにく、レモン皮、玉ねぎが入っている調味料)をかけて……完成! ずっと会いたかった、もとい食べたかった「ブッラータ」ですからなんだか愛おしささえも感じます。