『青春ラブレター〜30th Celebration Best〜』(ERJ)
 2019年は多くの芸能人が「令和婚」を発表。毎月のように祝福ムードに包まれました。

 これにより株を上げた人がいる一方、下げた人も。前回は「結婚で株を上げた女性芸能人」を紹介しましたが、今回は「結婚で株を下げた女性芸能人」を発表します。30〜40代女性200人が選んだ(※)ワースト1は誰だ!? まぁ余計なお世話ですが…。

========
結婚で株を下げた女性芸能人ランキング(アンケートは複数回答、カッコ内は結婚相手)

10位 浜田ブリトニー(いわみん) 4.5%
9位 蒼井優(「南海キャンディーズ」山里亮太) 5%
8位 水川あさみ(窪田正孝) 6%
7位 橋本マナミ(医師) 9.5%
6位 三船美佳(一般男性) 10%
5位 菊池桃子(新原浩朗経済産業政策局長) 12.5%
4位 miwa(萩野公介) 14%

========

「株を上げたランキング」1位の蒼井優が9位にランクインしました。やはり「魔性の女」としての印象が強いため、「山ちゃんにはもっと他にいる」「離婚しそう」「蒼井優の気まぐれ婚」という声もチラホラ。しかし好意的な意見の方が大多数のため、蒼井にダメージなし!

 7位は橋本マナミは11月27日に婚姻届を提出しました。気になるお相手は1歳下の勤務医。今年7月1日放送の『グータンヌーボ2』(フジテレビ系)で「結婚相手に求めるのはお金」と公言していたとおり、しっかり稼げる男性を選びましたね。

 東大卒の初婚エリート官僚・新原浩朗氏と再婚した菊池桃子が5位。菊池51歳、新原氏60歳でした。2人は2015年の「1億総活躍国民会議」で出会い、今年に入り結婚前提の交際を始めて、11月4日に入籍を発表。交際から1年もたっていないことから「もっと慎重なイメージだったから意外」という声があったり、「美人は何歳になっても結婚できるからいいよね」というやっかみも半分ありそうです。

 4位は歌手のmiwa。8月末にリオデジャネイロ五輪競泳金メダリスト・萩野公介選手との結婚&妊娠を報じられました。miwaといえば以前から女性の評判は芳しくなく、「どんな男にもヘラヘラするような人がいいんだ」という辛辣な意見が。「萩野のタイムが落ちなきゃいいけど」と厳しい言葉がネット上に並びましたが、10~11月に24レースを泳ぎ切った荻野はしっかり復調している様子です。

◆3位 有安杏果(精神科医) 14.5%

 元ももクロの有安杏果は、自身の個人事務所代表で精神科医の男性と11月23日に入籍しました。

 有安24歳、男性は49歳。交際宣言当初から否定的な意見が多かったものの、有安は「周りはずっと年上が多かったからあんまり躊躇しなかった」と意に介さず。「彼と出会って心身ともに健康的になった」と感謝しているくらいでした。

 もともと男性は有安を医師としてサポートしており、「精神科医が患者と個人的な関係になるのはタブー」とか、「親子ほどの年齢差」を心配する人がいるのも事実。彼女が言うとおりに、心身の健康につながることをお祈りします。

◆2位 ベッキー(巨人・片岡治大コーチ) 16.5%

 今年1月に巨人の2軍を担当する片岡治大コーチと結婚したベッキー。「株を上げたランキング」では10位に入りましたが、いまだにマイナスイメージを持っている人がいるようです。

「人の家庭壊しておいてさっさと結婚かよ」と、2016年の「ゲスの極み乙女。」川谷絵音との不倫についてチクリ。もういいじゃん、とも思いますが、世間はまだ忘れてくれないようですね。

◆1位 滝川クリステル(小泉進次郎環境相) 23%

 8月に小泉進次郎環境相とのデキ婚を発表した滝川クリステル。発表当初は祝福ムードに包まれていたのが嘘のように、本ランキングで1位となってしまいました。