新幹線殺傷の被告、死刑への恐怖語る「自分の命が惜しくてたまりません」

ざっくり言うと

  • 東海道新幹線で乗客3人が殺傷された事件で、殺人などの罪に問われた被告
  • 裁判4日目、「死刑になるかもしれないとおびえている」と気持ちを明かした
  • 「自分の命が惜しくてたまりません」と話したが、反省の言葉は述べなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング