米国で注目の統計学の修士が不在の日本 受験特化した数学教育の問題点

ざっくり言うと

  • 米国では学生に最も人気のある職業とも言われているデータサイエンティスト
  • 年間4000人の統計学の修士が生まれている米国に対し日本は0と出遅れている
  • 「役に立つ」よりも「受験」に特化した日本の数学教育に問題があるとの声も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x