日本中の至る所で見られた「赤とんぼ」が1000分の1以下に激減中

ざっくり言うと

  • 2000年前後を境に、半数以上の府県で赤とんぼの数が1/1000に激減している
  • 「むさしの里山研究会」では、とんぼ復活に向け、10年以上試行錯誤を続ける
  • 田んぼには、とんぼなどの生命を育む「生物のゆりかご」という役割もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング