日本人の賃金は「一人負け状態」下がるべくして下がったと言える理由

ざっくり言うと

  • 30年間で日本人の賃金だけが下がり続けている理由を、筆者が分析している
  • 定年引き延ばしや社会保険料の高騰が、日本の一人負け状態を招いたと指摘
  • 定年制度の廃止や社会保険料を20年前の水準に戻すなどの対策が必要と述べた

ランキング

x