ボクシングのダブル世界戦が12日、エディオンアリーナ大阪で行われ、WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦で王者・拳四朗(27=BMB)はジョナサン・タコニン(32=フィリピン)に4回TKO勝ちし、現役の日本人世界王者で最多となる6度目の防衛に成功した。同級での6度防衛は具志堅用高13、田口良一(ワタナベ)7に次いで日本人歴代単独3位となった。タコニンとはガニガン・ロペス(フィリピン)との2度の対戦前に計3度