「南海キャンディーズ」の山里亮太

写真拡大

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ山里亮太(44)が14日深夜放送のTBSラジオ「JUNK 山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)に生出演。妻で女優の蒼井優(35)の提案で、相方のしずちゃん(42)とプリクラを撮ったことを明かした。

 NGK(なんばグランド花月)の公演の空き時間に蒼井、しずちゃんと3人で食事に行ったという山里。食事の帰り道、ゲームセンターの前を通りかかった際、「ねえ、南海キャンディーズでプリクラを撮ってよ」と蒼井にむちゃぶりされたと明かした。「コンビ結成して1回もそんなのしたことない、気持ち悪いよ」と断ったというが、蒼井のお願いは続き、結局撮ることになったという。

 「プリクラは進化どころの騒ぎじゃない、おじさんおばさんは付いていけない」と撮るのに相当苦労したそうだが、無事に撮影が終わると次は加工の工程へ。「タッチパネルでね、一生懸命手で押して『全然反応しないな』とやっていた」とここでも苦戦を強いられた。

 すると、見ていた蒼井が「悲しそうな目をして、そっと無言でタッチペンを渡してくれた」という。「ずっと指でやってたせいで、結局加工の時間が無くなって、南海キャンディーズ2人とも目が灰色になった」と語っていた。