「大嫌いだったけど…」志村けんさんが語っていた父親への思い

ざっくり言うと

  • 志村けんさんの小中学校の同級生である男性が、志村さんの素顔を語った
  • いつの頃か、54歳で亡くなった父親について口にするようになったという
  • 「大嫌いだったけど、親父と酒を飲んでみたかった」と言っていたようだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x