富島高校の濱田登監督(写真:マスターズスポーツマネジメント)

写真拡大

 いよいよセンバツ記念大会。マンガのような快進撃で甲子園に名乗りを上げたのが宮崎県立富島高校だ。同校は3月29日、石川・星稜と初戦を迎える。1回戦コールド負けが当たり前だった同校を変えたのが、5年前に赴任した濱田登監督。いかにして奇跡は起こったのか、日本唯一のアマチュア球児向けフリーマガジン「サムライベースボール」発行人の古内義明氏がその秘密に迫った。

 * * *
──創立102年で、甲子園初出場おめでとうございます。地元はかなりの盛り上がりですよね。

濱田監督: 野球部のOBですら、「あの富校が!?」という話も聞くし、書留で寄付を送ってくれる方の手紙の中に、「死ぬ前に甲子園に行けるとは思っていませんでした」と書いてあったり。皆さん、まさかあの富校(富島高校の地元の呼び名)が、という風に思っているはずです(笑)。

──2008年母校の宮崎商を率いて39年ぶりの甲子園を達成。鳴り物入りで2013年4月に赴任しましたが野球部の第一印象は?

濱田監督:ゼロからのスタートではなく、マイナスからでした。内示を受けて観戦した県大会1回戦の西都商戦は、0対10の6回コールド負け。新チームは部員わずか11人。土日なのに部活をする部は少なく、学校が閑散としていたのには、ビックリしましたね。グランドとは呼べないような校庭に黒土を入れてトンボの整備を繰り返して、お金もないので保護者の方に手伝って、ベンチも作ってもらいました。地元企業の富高OBからの照明設備や用具の寄付を頂いたり、有志の方からも寄付を頂き、いまのような所までたどりつきましたね。

──就任挨拶で、「3年で九州大会。4年で甲子園出場」と言って、失笑ムードになったのは本当ですか?

濱田監督:本当です。歓迎会の席は、確かに失笑の空気に包まれましたね(笑)。

──ご自身を鼓舞するための発言か、それとも覚悟の宣言だったのでしょうか。

濱田監督:母校の宮崎商業で10年間監督をやった際も、最初は前任者の方がいました。自分のやりたい事がやれるチームになるには時間がかかって、5年目にようやく甲子園に行きました。それでも伝統があって、人材が集まる宮崎商業だから、甲子園に行って当たり前という空気がありました。

──正当な評価を得るのはなかなか難しいですね。

濱田監督:ならば、何の歴史もない学校に行って、自分の好きなように一からチームを作りたいと考えるようになりました。最初からスピード感をもってやらないと、甲子園に行けるチームにはならないだろうと感じていました。富高に来た時は監督や部長もいませんでしたから、私が監督になって、本当に根こそぎ自分のやりたいように変えていかないと、チームとして成り立っていかないだろうという危機感もあったし、あの発言は自分を鼓舞するためでもありました。ただ皆さんに宣言することで、「自分は本気なんだ」というのを伝えたい思いもありました。

──紅白戦中、補欠部員や吹奏楽部員、そして父兄が甲子園に向けた応援練習していましたね。

濱田監督:そうですね。何もない所を一緒に作って行くと、心が一つになっていくのかなと実感します。保護者の気持ちも一つにまとまって、応援するようになりました。私の存在だけではなく、徐々に結果がついてきました。2014年には1年生が18人も入部してくれて、秋には公式戦初勝利、さらに1年生大会に優勝して勢いがつきました。そして2015年秋に県大会準優勝に結果、公約通りに、「3年で九州大会出場」を実現させ、色々と注目されるようになりました。そうなると、学校や先生たちの見る目も変わってきたというのはあると思います。

──公立校で、監督や部長がいるケースがあっても、さらに副部長とコーチが3人いる「5人体制」は非常に珍しいですよね?

濱田監督:企業に勤めた経験から、分からないことは、分かる人に任せた方がよいと考えています。私一人の力は微々たるもので、私のないものを持っている人たちと役割を分担して、そこで責任を持ってもらうという意味もあります。赴任してからすぐに地元出身の中川清治コーチ(日向高から日体大)に声をかけさせて頂き、「私がやりにくさを感じたときは辞めてもらいます」と事前に話した上で、「とにかく好きなようにやってもらいたい」と、二人三脚が始まりました。

──役割分担は?

濱田監督:「有形の力」と「無形の力」の2つで考えています。有形の力は、練習メニューの作成や技術指導というもので、全て中川コーチに任せています。無形の力は、戦術や戦略、そして試合に臨む姿勢や心構えという気持ちの部分で、それは私が全部みています。

 例えば、私が、「いまこういう野球が流行ってきているから、うちでやるにはどうしましょうか」と相談すると、中川コーチが、「それにはこういう選手が必要になってくるから、こんな練習をしましょう」という話になります。

──富島野球のキーワードは、「可視化」と「目標設定」ですか?

濱田監督:ベースランニングにしても、ストップウォッチで測れるものは全部数値化します。例えば、ゲーム形式のシートノックは、守備、バッターランナー、1塁・2塁ランナーのそれぞれに、4人くらいでストップウォッチを持って計測します。ノッカーが打った瞬間がスタートになるので、バッターランナーは1塁を駆け抜けるまで、何秒までに走らないとダメとか、外野はセカンドランナーを殺すまでに何秒で返球しないといけないとか。すべて数値化しているので、それが自分たちの目安になります。

──可視化に慣れると、選手の意識も上がって来ますね。

濱田監督:そうです。もっと、もっと、となります。動きが速く見えるけど実は遅かったり、遅く見えているけど実は速かったりなど、数字は嘘をつきません。ホームまで6秒7で返って来るセカンドランナーは、外野手が6秒5でホームに返球しないとアウトにできません。その場合、ゴロのヒットの時はどれくらい前に出てきて返球しないとアウトにできない、という練習を繰り返し、繰り返しやっています。それが「可視化」です。

──他にキーワードはありますか?

濱田監督:「根拠」です。グラウンドの所々に、「なんで?」と張り紙がしてあります。今やっている練習はなんでやっているのかという根拠をしっかり持ってから、やりなさいということです。この練習が今なんで必要なのか、コーチたちが今なんで繰り返しやらせているのか。そういった根拠を考えることも大事だと話しています。

──トレンドの野球ノートは書かせていますか?

濱田監督:私が名前を書いて渡す野球ノートがあります。ただ提出はしないで、自分たちで書くだけです。例えば、朝の読書の時間に読んだ本のフレーズが自分に響いたと思えば、それを書き留めるのもいいし、練習中に自分の出来たことやできなかったこと、またミーティングの時のメモに使ったりしています。

──どんな野球を目指していますか?

濱田監督:バランス型です。守備型や攻撃型と考えた時に、相手のピッチャーだったり、バッターだったりで、当然対応は違ってきます。甲子園での1回から9回までの戦い方を想定し、相手との力関係も考えながら、点の取り方や点の防ぎ方をバランス良く考えているつもりです。

──それは言い替えると、相手によっていろんな変化が出来るということですか?

濱田監督:そうですね。それが富校の強みだと思っています。相手チームを丸裸に分析して、そこで自分たちの対策をしっかり練って、それを徹底してやって勝つ。それが秋の予選から九州大会決勝まで、ずっとやってきた戦い方です。

──勝っても、打っても、抑えても、ガッツポーズ禁止の理由は?

濱田監督:過去に何があったわけではありませんが、やっぱり相手があって、試合ができるので、相手に対する畏敬の念が一つです。もう一つはガッツポーズする暇があったら、次のプレーを考えなさいということです。例えば、アルプススタンドに向かってガッツポーズしている高校球児は沢山いますが、そんな暇があったら次のプレーを考えた方がいい。もしピッチャーが交代すれば、考えなければいけないことが沢山あると思います。

──ヤンキースで活躍した松井秀喜さんも、同じ理由でガッツポーズはしませんでした。

濱田監督:松井さんの「不動心」という本を読んだので知っていました。子供達には、「淡々とプレーしなさい」と言っています。「感情の浮き沈みが、出来るだけ出ないように」と話しています。だから、ゲーム中に「ゼロ、フラット、ニュートラル」という言葉をよく言います。ゲーム中は、淡々とプレーできる声がけを心掛けています。

──アルバイトを必ずさせるのは、野球部の伝統ですか?

濱田監督:はい、正月休みにします。普通はアルバイト禁止の学校が多いですが、富校では生徒の経済的な問題などもあるので、長期休暇中に部単位だったらアルバイトをしてもいいルールがあります。バイト先は近くの郵便局、うどん屋、ガソリンスタンドなどです。稼いだお金は、「親に全額をあげなさい」と言っています。でもそれぞれの家庭で、「いろんな事に使わせてもらうね」という親もいれば、「自分で稼いだお金だから、好きなもの買いなさい」や「遠征代に使って」という親もいますね。

 自分が朝早く起きて職場に行って、1日中立ちっぱなしでいくら貰えるか、例えば、バイト代が5000円だったら、自分が2万円するスパイクを買いたいと思った時、バイト代4回分だから、物を大事にしなくてはいけないと、物があふれた時代でその有難さも考えて欲しいということです。

──毎年5月には、遠路はるばる関東遠征に行く理由は?

濱田監督:関東に行く理由は、やっぱりネームバリューのある学校や自分たちが勉強になる学校に行って学ぶことです。神奈川は激戦区なので、去年は横浜隼人と日大藤沢。その前年は横浜高校と東海大相模とやりました。今年は横浜隼人と国士舘と試合する予定です。結局そういうチームと戦うと、夏の大事な場面になった時、「自分たちは横浜高校とやったんだ」という自信も必要になってくると思います。だから、あえて関東遠征に行っています。

──監督にとって、甲子園というのは、どんな場所ですか?

濱田監督:個人的には、一生に一度行ければいいと思っていましたが、行ったら行ったで、2回、3回と行きたい場所になりました。普通の球場のベンチは箱型だから、どこを見てもコンクリートだけど、甲子園だけは後ろを振り返れば、お客さんの顔があるような球場だと話しています。そのベンチで、歓声が自分の体を突き抜けるという感覚を初めて経験したので、子供たちにもそれを経験して欲しいと思っています。

 私は甲子園がすべてだとは思いませんが、やっぱり甲子園を目標にして、行った人にしか分からないことを伝える事で、子供たちも、「行きたいな、そこでやってみたいな」と思わせる事も大事だと思っています。

──今回の甲子園出場は、全国の公立校にとっては大きな意味がありますね。

濱田監督:そうですね。宮崎の県大会出場校数は合同チームもあるので45チームほどで、九州の他県と比べると、私学の数が多いのも特徴です。出場決定以降、宮崎でも色々な指導者の方々から、「うちも頑張ればなんとかなる」という声を聞くし、そう思われる方は多いんじゃないかと思います。

──全国の高校野球ファンに、甲子園でどんな野球を見て欲しいですか?

濱田監督:ガッツポーズ禁止もそうですが、攻守交代の速さなど、「これぞ高校野球!」というところを見てもらいたいと思います。九州大会が終わった後、富校のプレーの評価がものすごく高かったと聞いたので、「自分たちがやってきたことは間違いじゃなかった」と、子供たちにも言いました。

──最後に、濱田監督がいまの高校野球に提言したいことはありますか?

濱田監督:「どうして高校野球をするのか」ということをよく考えます。勝利至上主義の学校があれば、人を育てている学校もある。並存しなくてはいけないのに、相反する形になっていると感じる時があります。

 例えば、いくら強くても眉毛を剃っていたり、報道の方との受け答えもなっていない学校があれば、それはおかしいと思います。高校野球は人作りと思っているので、野球が上手いだけで、世の中をなめているような野球はして欲しくないです。社会に出て、会社で一生懸命に働いて、その会社の方から、「高校野球をやってよかったね」とか、「どこどこの高校で頑張ったから、今の君があるんだ」とか、そういう風に言ってもらえたらいいと思います。

 子供たちには、「甲子園に行ったからって、勘違いするな!」とよく言っています。すべて自分たちが思う通りになるような感覚になってしまうから、事あるごとに調子に乗らずに、謙虚にと、くぎを刺しています。うちのように1回も勝てなかった学校が甲子園に行くことで、そこを考えられるような切っ掛け作りになればいいと思います。

【PROFILE】濱田登監督(はまだ・のぼる)
1967年12月18日生まれ。宮崎商業から九州国際大学で野球を続け、会社員をから1995年に都農高監督を経て、2004年に母校・宮崎商業の副部長から監督に就任し、2008年に赤川克紀(東京ヤクルトスワローズ)を擁して夏の甲子園出場。2013年からは富島高校を率いて強豪校に押し上げ、今回のセンバツが春夏通じて初めての甲子園。商業科教論。