さよなら キャピトル東急

ビートルズやクリントン元米国大統領など、世界のVIPに愛されてきた名門ホテル・キャピトル東急ホテルが、今月いっぱいで43年の歴史に幕を閉じる。閉館を翌日に控えた29日、東京都千代田区の同ホテルで開かれた閉館セレモニーには200人を超える人が集まり、数多くの歴史を刻んできたホテルとの別れを惜しんでいた。挨拶(あいさつ)に立った同ホテルの太田範義総支配人は、「長い間、大勢の方々に慈しみ、育てられてきた」と43年間を振り返り、「このホテルのスピリットを守り続けて新しいホテルに引き継いでいきたい」と感慨ひとしおの様子で語っていた。前身の「東京ヒルトンホテル」が日本初の外資系ホテルとして開業したのは1963年。老朽化による建て替えで、2010年に地上29階、地下4階の複合ビルとして生まれ変わる。(撮影:東雲吾衣)

ランキング