26日放送のラジオ番組「木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!」(TOKYO FM)で、SMAPの木村拓哉が、自身の愛称を用いた格言に、素朴な疑問をぶつけた。

番組では、リスナーから届いたとある画像にまつわるメールを紹介。リスナーは先日Twitterで、「俺はキムタクにはなれないが、キムタクも俺になれない」と書いてある、張り紙の画像を見たそうだ。この張り紙は、居酒屋のトイレにあったものだという。

このメールに木村は「いま手元に紹介してくれた画像があるんですけど、いいですね!」と嬉しそうにコメント。続けて「まず居酒屋さんのスタッフの方、僕の名前をお店の一部に掲げてくれてありがとう!」と感謝を表した。

そして木村は、その張り紙に対する返事を考えはじめ、「返事を書くとしたら、『まさに』とか、『お互い様』とか」と語り出す。木村からすると「俺はみんなになれない」といった思いがあり、この張り紙には共感しているようだ。

「僕の中に『いいな』と思ってもらえる部分があるとしたら、僕からもみんなに対して『いいな』と思うものが間違いなくある」と熱弁し、改めて「これは『お互い様』っていうことになるんじゃないかな」と話した。

一方で、トイレに張ってあることについて「このメッセージを読みながら用を足すっていうことでしょ」と言い、「なんか…どういう気持ちで用を足し終わって、自分の席に戻るのかね?」と疑問を漏らしていた。

【関連記事】
木村拓哉がラジオ局上層部を怒らせた過去 「TOKYO FMにそぐわない内容」を放送
木村拓哉とKAT-TUNの3人で新グループ? ネタ投稿が話題に
木村拓哉が紅白歌合戦で着けたネックレスの意味を告白「形見みたいな物」