中小企業は日本経済の根幹をなす存在です。雇用の7割、日本のGDPのおよそ半分を生み出すなど、その役割は極めて重要なのです。しかし今、人口減少、長引く不況、コロナ禍等により、中小企業は大変な苦境に立たされています。中小企業の弱体化は、日本そのものの弱体化であり、解決は喫緊の課題であるといえます。状況を詳しく読み解いていきます。「日本経済の屋台骨」の中小企業だが、経営環境は過酷中小企業は日本企業の99.7%を