初めて会った人とは話題作りに困りますが、それは初対面だと話題の幅がせまくなることが理由の一つです。「初めて会ったのにこんなこと聞くのは失礼かな」と思い、どんどん話題がなくなっていきますよね。
初対面では踏み込みすぎず、当たり障りのない話題で乗り切りたいですし、相手にもそうしてほしいと願うもの。そこで今回は、女性が引いてしまう話題を4つご紹介します。

恋愛遍歴

「過去にどんな恋愛をしていたかとか、どんな彼がいたかとか、付き合ったらどんな感じになるかとか、初対面で聞かれると気持ち悪いって思っちゃうかも。それよりも他に聞くことないの? と思ってしまう」(28歳/福祉職員/女性)

▽ 人に話したくない恋愛もありますし、聞かれても赤裸々に語るには相手を知らなさすぎるので、せめて「どんな人がタイプですか?」くらいに留めておいてほしいですね。根掘り葉掘り聞くのは友達になってからでお願いしたいところです。

将来について

「将来の夢でも現実的なことでも、そういうのって仲いい人にしか話さないですよね? 聞かれても当たり障りのないことしか答えられないし、男性側が自分語りをしたいからこの話題を選ぶのかな? と思っちゃう」(33歳/音楽関係/女性)

▽ 明確な将来の夢を持っている、そして実現できる自信のある男性はこのような話題を振りがちです。「○○さんの将来の夢はなんですか?」という質問を待っているだけなので、真剣に考えずスッとかわしてしまいましょう。

性格を分析してくる

「以前、ほんのちょっと会話をしただけで『君ってなんでも決めつけちゃうタイプでしょ?』 と言われたことがあります。超失礼ですよね。イラッとしてそれから一切口をききませんでした。人を見下した態度もむかつくし、性格を勝手に分析する人は無理です」(30歳/事務/女性)

▽ それを言われていい気分になる人はまずいないですし、なぜそれをわざわざ口に出してしまうのか理解できないですよね。「俺、ちょっと話しただけでなんでも分かっちゃうんだよね」という、分析力の高さをアピールしたいだけなのかもしれません。

コンプレックスやネガティブな発言

「見た目のコンプレックスは誰もが持っているものだと思うんですけど、それを初対面で話題にする人は引きます。楽しい話題じゃないですもん。
話しているだけで暗くなる。『もっとこうしたら可愛くなりそうだね』って言われても何も響かないし、あなたはその性格直したらいいですねって言ってやりたい」(30歳/飲食業/女性)

▽ それはぜひとも伝えてあげたほうがいいかもしれません。人が嫌がる話題だと気づかないところが残念ですよね。女性は特にコンプレックスを隠そうとしているのに、ズカズカと土足で踏み荒らす人とは仲良くなれる気がしません。

まとめ

初対面の時は頭をフル回転させて、話題の引き出しを開けては閉めてを繰り返しますよね。そういう時は相手のお仕事の話や趣味の話をして、会話を盛り上げる糸口を探してみましょう。一から盛り上げるのは難しいですが、どこか引っかかりを見つければ一気に会話を楽しめるようになるはずです……!