オリックス・宗

写真拡大

 「楽天−オリックス」(25日、楽天生命パーク宮城)

 オリックス・宗佑磨外野手が九回に勝ち越しのランニング本塁打を放った。ランニング本塁打は両リーグ通じて今季初。

 3−3の同点で迎えた九回。代走で出場し、この初打席を迎えた先頭の宗は、楽天森原からの1ボールからの2球目をフルスイング。ライトフェンス直撃の大飛球を右翼・ブラッシュは捕球しようとしてフェンスにぶつかりバランスを崩して倒れ込んだ。

 フェンス直撃のボールが転々とする中、宗は俊足を飛ばしてホームイン。今季1号はランニング弾となった。

 オリックス選手のランニング本塁打は02年8月25日・西武戦(神戸)での進藤達哉以来、18年ぶり。