「売り家」の看板(2013年3月28日撮影、資料写真)。(c)JEWEL SAMAD / AFP

写真拡大

【AFP=時事】住宅購入を考えている人々が夢の不動産を探し求める様子を追う米国の人気長寿番組に、「カップル」ならぬ「スラップル(throuple、『3人』を意味するthreeと『カップル』を意味するcoupleの造語)」の3人組が登場し、話題を集めている。長年放送されてきたこの番組で複婚関係にある人々が取り上げられたのは初。

 12日に放送された米HGTVの不動産探し番組「ハウス・ハンターズ(House Hunters)」の最新エピソードに登場したのは、ブライアンさん、ロリさん、ジェリさんの3人組。米コロラド州西部で、皆で暮らすのに十分な広さがあり、主寝室一つに洗面台が三つある家を探し求めた。ブライアンさんとロリさんの間に生まれた10歳と12歳の子ども2人も一緒に住むという。

「コロラドスプリングズのただの仲間同士ではない3人組(Three's Not A Crowd In Colorado Springs)」と題されたエピソードでは、夫婦であるブライアンさんとロリさんが、バーで出会ったジェリさんに一目ぼれし、3人でベネズエラ沖のオランダ自治領アルバ(Aruba)で結婚式を挙げた後、新生活を送るためにコロラド州に引っ越したことが明らかにされた。

「この4年間、ロリとブライアンの家に住んでいたので、スラップルとして一緒に家を買うことは私たちにとって次の大きな一歩を意味します。4人に私を加えた5人家族として」と、ジェリさんは語っている。

 番組はソーシャルメディアで話題を呼び、多くの人から賞賛を受けた。

「チャンネルを変えようとしていたけどスラップルだと聞いて」「急に興味津々(笑)」と、あるツイッター(Twitter)ユーザーは番組名のハッシュタグ付きで投稿。「うちの夫が急にこの番組に興味を持ち始めた」とジョークを飛ばしたユーザーもいた。

『バッド・フェミニスト(Bad Feminist)』の著者として知られるロクサーヌ・ゲイ(Roxane Gay)氏も、「うそでしょ。ハウス・ハンターズにスラップルが出てる」「すごいエピソード! 啓発的」とツイートしている。

 一方で、「こんなことを普通のこととして広めるなんて、HGTVにがっかりした」と投稿したユーザーもいる。

「ハウス・ハンターズ」は1999年に始まり、これまでに2000回近いエピソードが放送されている。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
人間の一夫一婦制、理由は「真実の愛」でなく細菌 研究
英最高裁、「愛のない夫婦」の離婚認めず 厳しい破綻証明が壁
米最高裁、一夫多妻一家の訴えを退ける