「雨上がり決死隊」の蛍原徹

写真拡大

 お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の蛍原徹(51)が4日、MCを務めるテレビ朝日「アメトーーク!」(木曜後11・15)に出演。吉本興業と契約解消問題が続く相方の宮迫博之(49)への思いを明かす場面があった。

 この日は「オジさんたち シーズン2」として博多華丸・大吉、中川家、「おぎやはぎ」の小木博明(48)、ずんの飯尾和樹(50)、カンニング竹山(48)がオジさんトークを展開した。

 オジさんあるあるについてトークする中、礼二(47)が「多少スベっても平気」と告白。「テレビでウケてもウケなくても生活関係ない」(竹山)、「極論映ってりゃいいじゃん」(大吉)、「これ以上、売れる気もないしね」(小木)と次々とぶっちゃけ発言が連発する中、今後の目標はないという展開に。自身の目標について聞かれた蛍原は「70歳で週3ゴルフ、土日競馬」と回答すると、「そういうことじゃない!」と総ツッコミを浴びた。

 あらためて「芸人としてのこれから」と問われ、悩むしぐさを見せ「うーん、俺、なんか微妙やもん…」とポロリ。「個人的なことでいい!」とアドバイスを受け、「もうほら、戻ってくるよね?そういうのもあるやん、そういうのも…」と名前は出さずとも、相方への愛を吐露することに。“いい話感”が嫌だったのか、「今のはちょっとなしにしてくれる?」と慌てて否定。それでもスタジオが「すごいいい話!」と盛り上がると、照れ隠しで「あーーーー!」と声を出しながら変な横歩きで誤魔化すも、博多大吉(48)から「話の誤魔化し方が江頭(江頭2:50)さん。ドッシリしてください」と“注意”を受けた。