『第67回ゴールデン・グローブ授賞式』で、ひと際美しかった女優クロエ・セヴィニーのドレス姿であったが、ビリリッ!とハプニング発生。

写真拡大

(周囲に気を遣わせちゃうようなドレス!?)

17日、ザ・ビバリー・ヒルトンで行われた『第67回ゴールデン・グローブ賞』授賞式で、TVシリーズ『Big Love』が好評で助演女優賞に輝いた女優クロエ・セヴェニー(35)が、フリフリ・ゴージャスなロング・ドレスで登場した。しかし、彼女がステージに上るとそのドレスの裾が…!?

その『Big Love』は見事TVドラマ部門の作品賞にも輝いており、ご機嫌なクロエは、人気俳優のチェイス・クロフォードにより“助演女優賞”に自分の名が読み上げられると、満面の笑みで先導役の男性の腕に手を添え、ステップを上がった。

クロエがトロフィーを受け取るその瞬間、先導役はクロエの後に下がろうとしてヴァレンチノのドレスに足を引っ掛ける。クロエはオウッ!っと高い叫び声をあげドレスの裾を確認し、「ウソでしょう?破れちゃったじゃないのよ〜っ!」と動揺してしまったが、気を取り直しスピーチに臨んだ。

この時のクロエに関し、実はアクシデントがもうひとつあった。この授賞式を放映したNBCのミスで、テロップの彼女の名前は、Chloë Sevignyではなく、“Chloi” Sevignyとなっていた。大変お気の毒様なクロエであるが、知名度アップには抜群の効果があったはずである。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

【関連記事】
スティーヴン・タイラー、ステージから転落で負傷。
ボイルさんNYのステージは暴発ヘアで登場。
ブリトニー、コンサートで髪がブチ切れるハプニング。
チェイス・クロフォード、『GOSSIP GIRL』NYロケを再開!
仰天スリちゃん、ハイヒールにフリル・ドレスで公園へ。