アゴラに転載された記事のキャッシュ

写真拡大

元自民党衆院議員で弁護士の早川忠孝氏のブログをめぐり、「無神経過ぎる」などとインターネット上で批判が集まっている。

ブログでは、新型コロナウイルスのワクチン接種の調整役を務める河野太郎・行革担当相ら3人について「KKKチーム」と形容していたが、「KKK」は米の白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン」の略語として知られる。「KKK」の箇所はのちに訂正された。

「まさにKKK3人組、Kチームが出来上がった」

「まだどなたもKKKチームについて言及されていないようなので、私が口火を切ることにする」

問題のブログは、こんな刺激的な言葉で始まる。2021年1月24日に「KKKチームの活躍に期待してもいいかな」とのタイトルで公開された。

河野太郎・規制改革担当相がワクチン担当相に任命されたことに言及し、「ひょんなところから河野太郎氏を中心とするチームが出来たようだ」と考察。他のメンバーは小泉進次郎環境相、小林史明衆院議員の2人で、3人の名前の頭文字を取って「まさにKKK3人組、Kチームが出来上がったということだろう」と言及した。

このチームが一定の成果を挙げれば、支持率にも直結するとして、「KKKチームの発足は、菅さんにとっても自民党にとってもプラスになる」と期待をにじませている。

このブログは当初は注目を集めていなかったが、ニュースサイト「アゴラ」で25日、「ワクチン配布、自民KKKチームの活躍に期待」と題して転載されると、SNS上で広く拡散した。

「KKK」という言葉は、米の白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン」の略語として知られるため、読者からは「無神経過ぎるネーミング」「知らなかったでは済まされない」と違和感が噴出している。

KKKは「あまりにも強烈だったようである」

アゴラの記事の見出しはその後、「ワクチン配布、自民K(河)K(小)K(小)チームの活躍に期待」、「ワクチン配布、自民Kチームの活躍に期待」と目まぐるしく修正され、本文中に4度使われていた「KKK」も27日夜現在はいずれも「Kチーム」になっている。

アゴラ編集部に27日、修正した理由などを問うも指定期日までに回答はなかった。早川氏にも取材を申し込むと、その後「ネーミングは大事ですね。注意しましょう」とのブログが公開され、「さすがに今回の件は訂正しておいた方がいいだろう。KKKなる略称は、あまりにも強烈だったようである」と「KKK」の箇所を訂正したことを明かした。指摘については「皆、なるほどと思うようなことばかり」と理解を示している。

多くの読者からの反応に、

「これほど反響が大きいとは意想外であった。かつて私のブログへのアクセス件数が1万の大台を超えたことがあったが、最近は2000件前後で低迷し、私のブログのコメント欄もごく少数の意識高い系の読者の皆さんの意見交換の場になっていたのだが、私のブログ記事がアゴラに転載されてから暫くして急激に火が点いたようにコメント欄への投稿が急増した」(原文ママ)

と驚きを隠さず、

「まずは、わざわざコメントを寄せていただいた新規読者の皆さんにお礼を申し上げたい。衆議院議員を辞めてから10年以上が経つ。現職の時にはそれなりの発信力があり、時の話題に乗るようなこともしばしばあったのだが、政治の第一線にいないと時を経るごとに存在が忘れられていくものである。今回の件で私の名前を始めて知られた方がそれなりにおられるだろうと思っている」

と分析している。