国立天文台が銀河の赤ちゃんを発見したと発表 「生後」1千万年

ざっくり言うと

  • 国立天文台などのチームは地球から4億光年のかなたに銀河を発見したと発表
  • 誕生して1千万年ほどしかたっていないとみられ、赤ちゃんのような若さだ
  • 若い銀河を調べることで宇宙初期の銀河形成に対する理解が進むとの期待も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x