ポンと押してまたまたゲット!シンオウ地方の107匹のポケモンに出会える岡田商会のポケモンはんこ「Pokemon PON(シンオウ地方ver.)」が登場

写真拡大 (全5枚)

インターネットのはんこ屋さん「印鑑はんこSHOPハンコズ」を運営する岡田商会は、自社オンラインショップにて、ポケモンのはんこ「Pokémon PON」の新作となる「Pokémon PON(シンオウ地方ver.)」の予約受付を開始した。

「Pokémon PON」は、お気に入りのポケモンに好きな名前を入れてつくる、オーダーメイドのはんこ。今回のシンオウ地方ver.は、カントー地方、ジョウト地方、ホウエン地方につづく第4弾となる。

シンオウ地方ver.のポケモンはこちらの107匹。シンオウ地方の旅立ちの3匹であるナエトルにヒコザル、ポッチャマのほか、伝説のポケモンであるディアルガにパルキア、ギラティナ、そして幻のポケモンであるシェイミやダークライ、アルセウスといったシンオウ地方のポケモンに、ハンコを押すたびに出会うことができる。

フォントはオーソドックスで読みやすい3種類。漢字は3文字まで、ひらがな・カタカナは5文字まで、アルファベットは6文字まで制作OK。ご苗字や下のお名前はもちろん、ハンドルネームでも作ることができる。

荷物の受け取りやお仕事などにポンポン押せるセルフインクタイプと、全国ほとんどの金融機関で銀行印としても使える黒水牛・木彫りタイプの3種類。セルフインクタイプと黒水牛・木彫りタイプの2本セットもあり、こちらは好きなポケモンを2匹選ぶことができる(同じ地方の2匹に限る)。



©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
©Pokémon

■Pokémon PON

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・ヤフーが個人への誹謗中傷等を目的とする投稿への対策強化!深層学習を用いた自然言語処理モデル(AI)の技術提供や検討会を設置
・パソコン版LINEでビデオ通話中にバーチャルな背景を設定できる「背景エフェクト」
・ボンドで貼るだけですぐに立体マスクが完成!「ボンド 裁ほう上手 スティック」を使用した「縫わないマスク」の作り方と型紙を公開
・自宅でジャムづくりを体験!「オンラインいちごジャム作り教室」を5月31日に開催!いちご農家が教えるいちごを使った本格ジャムを作ろう
・6月1日よりほっともっとの『のり弁当』がグレードアップ!白身魚フライ20%増量でソースも『プレミアムソース』と『だし醤油』から選択できる