『踊ってミタ』メインビジュアル ©2020「踊ってミタ」製作委員会

写真拡大

映画『踊ってミタ』の予告編とメインビジュアルが公開された。

【動画と画像を見る】

3月7日から東京・新宿シネマカリテほか全国で公開される『踊ってミタ』は、「踊ってみた」やボーカロイド、Vtuberなど日本発のインターネットカルチャーを題材にした作品。繋がりの薄かった登場人物たちが、町興しのために行なう「踊ってみた」をきっかけに親交を深め、生きる活気を取り戻していくというあらすじだ。主人公の三田役を岡山天音、元アイドルの女子高生・古泉ニナ役を加藤小夏が演じるほか、武田玲奈、中村優一、やついいちろう、有馬和樹(おとぎ話)らが出演。監督・脚本は飯塚俊光が務めた。

予告編では、「ACミタ」として投稿動画に映る三田の姿をはじめ、古泉ニナが「学校もアイドルも全部失敗」と打ち明ける場面、「踊るしかねぇだろ」という三田の台詞などが確認できる。