画像提供:マイナビニュース

写真拡大

はい、MacBook AirやMacBook ProなどUSB 3.0/Type-Aコネクタ搭載のMacに関していえば、接続されている機器がiPhoneなどiOSデバイスと判断されると、特別なモードで充電が始まります。

USBコネクタから電力供給を行う場合(USBバスパワー)、USB 2.0は最大0.5A、USB 3.0では最大0.9Aと規格で定められています。しかし、USB接続された機器がiPhoneなどiOSデバイスと判定されると、Macはバスパワーの上限を2.1Aに引き上げます。USB 3.0でいうと、通常は0.9Aのところが2.1Aになるわけですから、充電時間の大幅な短縮となります。

ただし、このしくみはMacとiOSデバイスを直接接続している場合に限られます。USBハブはUSB 2.0/3.0で定められている以上の(USB規格を外れた)電流は流せないため、最大2.1AというMacならではのメリットを生かせません。

この"iOSデバイスの特別扱い"は、Macのシステムレポート画面で確認できます。MacにiPhoneを接続しているとき、「このMacについて」画面(デスクトップ左上のアップルマークをクリックすると表示される)で「システムレポート...」ボタンをクリック、左側のUSBメニューを選択し、「iPhone」欄をチェックします。スリープ時消費電流(mA)という項目に「2100」という数値を確認できるはずですよ。