ハリウッド版「ゴジラ」への出演が発表された渡辺謙

写真拡大

日本を代表する俳優・渡辺謙が、ハリウッド版「ゴジラ」としてリメイクされる「GODZILLA」に出演することがわかった。現在のところ、渡辺がどのような役どころを演じるのかは未定だ。

レジェンダリー・ピクチャーズとワーナーが共同製作・配給を手がける今作のメガホンをとるのは、VFXアーティスト出身で、「モンスターズ 地球外生命体」でデビューしたギャレス・エドワーズ監督。ストーリーの詳細は不明だが、デビッド・S・ゴイヤー(「ダークナイト ライジング」)とドリュー・ピアース(「アイアンマン3」)が手がけた草稿を、フランク・ダラボン(「ショーシャンクの空に」「ミスト」がリライトしている段階だという。

ゴジラのビジュアルも気になるところだが、昨年7月に米サンディエゴで行われたコミコンで、ティーザー予告編をお披露目。ファンの間では、「原点に忠実な内容」と好評を博していた。

「ラスト サムライ」「バットマン ビギンズ」「硫黄島からの手紙」「インセプション」など話題作に出演し、ハリウッドで活動する日本人俳優をけん引してきた渡辺が、新たなステージへと踏み込む。1954年に第1作が公開されて以降、日本を代表する特撮映画のひとつとなったゴジラが、渡辺という強力な“援軍”を得たことで、米大陸でどのような旋風を巻き起こすのかに注目が集まる。

「GODZILLA」の全米公開は、2014年5月16日予定。日本では東宝が配給する。

■関連記事
渡辺謙、関連写真はこちら
渡辺謙「許されざる者」壮絶なロケ現場を物語る劇中写真が初公開!
渡辺謙、フィルムを通して監督と語り合った「許されざる者」クランクアップ!
ハリウッド版「ゴジラ」にジュリエット・ビノシュ
ハリウッド版「ゴジラ」にエリザベス・オルセン、ブライアン・クランストン