「少し離れたところから道を歩く女性2人に対し、『コップンカー!』と声をかけ、女性が何事かと足を止めたところをすかさず話しかけていました」(飲食店関係者)

【写真】動画に映る橋本良亮

 新宿の路上で女性をナンパしていたのは、ジャニーズ事務所所属のグループ「ABC-Z」の橋本良亮(26)だ。大晦日恒例の”事務所総出”の「カウントダウンコンサート」などでジャニーズタレントが多忙を極める2019年の年の瀬、12月22日の出来事だった。

 ABC-Zは、五関晃一(34)、戸塚祥太(33)、塚田僚一(33)、河合郁人(32)の4人に橋本が加入し結成されたグループだ。


ABC-Zの5人 ポニーキャニオン公式HPより

ジャニーさんに「それでデビューしちゃえば?」と言われて

「ABC-Zといえば、”金髪筋肉”の塚田くんがテレビ露出がいちばん多い。子供時代から器械体操を習っていたという運動神経の良さが売りで連続バク転やバク宙などアクロバットを番組でもよく披露しています。実は塚田くんだけでなく、ABC-Zはメンバー全員、バク宙ができるなどダンスのパフォーマンスに力を入れているグループなんです。

 彼らは2012年2月にジャニーズ初の“DVDデビュー”をしていますが、CDではなくDVDでデビューした理由も、曲を聴いてもらうより、パフォーマンスを見て欲しいとジャニー(喜多川)さんに提案したところ、『それでデビューしちゃえば?』と言われて決まったと、本人たちが明かしています。2015年にはCDデビューも果たしています」(芸能関係者)

キスマイに大きく差を付けられたエビ

 これまでABC-ZはジャニーズJr.時代の同期であるKis-My-Ft2(キスマイ)とセットで売り出されることが多かった。

「ジャニーズJr.時代、ABC-Zとキスマイは『エビキス』と呼ばれ、ファンの人気を二分していました。両グループはメンバー同士も仲が良く、デビューの年も近いため、互いに切磋琢磨するよきライバルの関係だった。それが、いつのまにか人気の差が大きく開いてしまったのです。

 当時、SMAPのマネジャーだった飯島三智さんに面倒を見られていた“飯島派”のキスマイと、“飯島派”でありながら“ジャニー派”でもあるというエビ(ABC-Z)。この事務所内の中途半端なポジションが、彼らにとっては不幸だった。2013年にエビのマネジャーとして元SMAPのマネジャーが配置され、飯島さんが本格的に指揮を執るのでは、と言われていましたが、あまり結果は出ないまま飯島さんは例のSMAP解散騒動の中で退所してしまったのです」(同前)

 不遇をかこつABC-Z。中でもいちばん割を食ったのが橋本だと言われている。橋本のジャニーズJr.時代の人気は凄まじかった。

橋本はヘイセイに入れず「もうグレた」

「ABC-Zの年齢構成を見ると橋本くんだけかなり下。『4人のお兄ちゃんに1人の末っ子』と言われています。これは本人的にはかなりイヤだったみたいなんですね。橋本くんはJr.時代はエリートそのものでした。『J.J.Express』という今のHey!Say!JUMPの前身とも言えるユニットに所属し、しっかりと歌のパートを貰い、一番目立つ存在が橋本くんだった。

 しかし、中島裕翔(26)、有岡大貴(28)、伊野尾慧(29)、郄木雄也(29)らがHey!Say!JUMPを組むために、『J.J.』を脱退。その流れで『J.J.』は解散してしまいました。当時、絶対に橋本くんは次のデビューのグループに入るだろうとも言われていた中での出来事だったので、ファンや関係者も驚いていた。そして何より橋本くん本人が相当ショックを受けていた。『もうグレた』と自分でも発言していました」(ジャニーズ事務所関係者)

 2019年もグループとしてはパッとしない1年だったABC-Z。橋本が年の瀬に「グレて」ナンパに興じていたとしても不思議ではない。

 冒頭の飲食店関係者が振り返る。

「12月22日の6時頃でした。新宿の路上で歩いている女性2人組に大声で『コップンカー!』(タイ語で「ありがとう」)と話しかけている男性を見ました。それがABC-Zの橋本くんだったのです。最初、女性陣は無視をしていたのですが、能天気に明るくしつこく話しかける橋本くんに、次第にほだされるように話をしていました。最後には携帯を取り出しLINEを交換したようでした。ナンパされた女性は、人気インフルエンサーの妹尾ユウカさんだったのです」

 妹尾ユウカはTwitterでフォロワーが6万人を超えるインフルエンサー。コラムニストでもある。

「妹尾さんはTwitterの恋愛相談などが人気のインフルエンサーです。SNS上で整形したことを公表し、写真を公開したことも話題になりました。2019年6月27日放送のTV番組『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系)にも出演するなど、タレントとしても活動の幅を広げています」(妹尾の知人)

 橋本は妹尾と友人の2人の連絡先をゲットすると、いったん解散。だが、男女4人は数時間後に再び渋谷で合流したのだという。「週刊文春デジタル」ではその際に撮影された動画を入手した。

《動画》酔った橋本良亮は“スケベ親父”

「橋本くんは渋谷にあるバーで再び妹尾さんらと合流。『あの近くにタイ料理屋があったから、『コップンカー!』とナンパした』と話していたそうです。その渋谷のバーは橋本君が常連のようで、『他のバーも俺よく行くんだよね』とも言っていたとか。酒癖はさほど悪くはないのですが、酔っぱらった橋本くんはまさに“スケベ親父”。女性陣に対し、『おっぱい見せて』『チューしよう』など迫っていた」(同前)

ジャニーズだと気付かれず、ホストと勘違いされていた

 実は、橋本は渋谷や新宿で飲み歩くことが多いのだという。

「橋本くんは新宿ではキャバクラにも頻繁に通っていて、ホストの飲み会にも参加するなど、新宿ではかなり顔が広い。橋本くんは酒が強い。いつもトランプのブラックジャックや山手線ゲームをして、負けた人がテキーラをイッキ飲みするという遊びをしています。橋本くんが泥酔して暴れるということはないですが、セクハラというか、飲み会の場で女性にチューしている姿を見かけたことはあります」(橋本の知人)

 橋本と妹尾らの飲み会もかなり激しく、深夜3時頃まで続いたという。

「橋本くんは妹尾さんらにも『チューしよう』などと迫っていました。ただ気になったのは、妹尾さんと友人女性が、彼がジャニーズだと気づいていないこと。『〇〇のホストでしょ! コールして!』などとホストだと勘違いしていた。飲むペースはかなり早く、ゲームで負けた人がどんどんテキーラを飲んでいて、ショットグラスに数十杯は飲んでいた。深夜3時頃に解散したようですが、別々でお店を後にし、この日はお持ち帰りはなかったようです」(別の飲食店関係者)

 彼らを世に送り出したカリスマ社長・ジャニー喜多川氏は昨年他界した。今年はABC-Zにとって正念場だとみられているが……。

(「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル)