2020年前期の朝ドラは「エール」(時事通信フォト)

写真拡大

 来年春から放送予定のNHK朝ドラ『エール』で、ヒロイン役に抜擢された二階堂ふみ(24)。昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(ゆうじ)さんをモデルにした主人公(窪田正孝)の妻役を演じる。

【写真】朝ドラ主演が決まった二階堂ふみ

 NHKの発表によれば、応募2802人からオーディションで選ばれたという。朝ドラ初出演となる彼女は6月3日の会見で「ウソかと思った!」と喜びを爆発させた。この発表に、芸能関係者たちがざわめいている。

 過去に日本アカデミー賞新人俳優賞、ブルーリボン賞助演女優賞など数々の受賞歴を誇る二階堂が、「本当にオーディションを受けるものなのか」と、不思議がる声が相次いだのだ。だが、NHK関係者は「正真正銘、ガチンコのオーディションです」と断言する。

「『ひよっこ』(2017年)でヒロインを演じた有村架純さん(26)のように、“この作品はこの女優にオファーしたい”と決まっていたらオーディションは行ないませんが、今回ヒロイン役は新人でもいいと制作側は考えていたので、いろいろな事務所にオーディションの案内を出しました」

 そこに二階堂が手を挙げたのは、NHKサイドも嬉しい誤算だったとか。

「応募書類が届いた時は“本物か?”と、騒ぎになりました。事務所に聞くと、募集要項を見た二階堂さんが『どうしても演じたい』と熱望されたそうです。直筆で応募動機をびっしりと書き、オーディションのために自費で発声練習やボーカルレッスンまで受けたといいます」(NHK関係者)

 局側の喜びとは裏腹に、大物女優の参戦に絶望したのが、他のオーディション参加者たちだった。

「応募してきたのはブレイクを夢見る新人女優ばかり。書類審査を通って面接に進んだ彼女らは、二階堂さんを見て仰天していました。内心、落胆したでしょうね(苦笑)。勝てるワケがありませんから。

 実際に一次、二次と二階堂さんは“格の違い”を見せつけた。参加者の方々には申し訳ないのですが、受けた年が悪かったとしか言いようがありません」(同前)

「ウソかと思った!」と言いたいのは、新人女優たちのほうだった?

※週刊ポスト2019年6月21日号