NHKからフリーに転身した有働由美子アナ(49)の“休日”を6月12日発売の写真週刊誌「FLASH」がキャッチ。かねてより交際がウワサされている“内野聖陽似の社長”と「しっぽり癒やし旅」などと報じている。

 同誌が有働アナと空調設備会社社長(43)のツーショットをネット上にアップするや、続々とコメントが寄せられているのだが、関心が集まっているのは2人の恋の行方というより、有働アナの“普段着”のほう。

「私服がダサすぎる」「本当に普通のオバサンだね」「おばあちゃんかと思った」などなど、口さがない意見が多いのだ。

 同誌が撮った“休日”の有働アナは、膝上までのダボッとした白いシャツワンピース姿で、真ん中のボタンがいくつか留められ、インナーに着たモノトーンの長袖ボーダーTシャツが透けている。ボトムはかなりゆったりめの幅広ジーンズで、裾は微妙にロールアップ、足元は淡いピンクのスニーカーだ。白い太めのテープが付いたツバが広めのハットをかぶり、眼鏡をかけ……。

 テレビで見る有働アナとはまるで違う。周囲に気づかれないための“変装”だとしたら、あまりに完璧だ。女性の更年期に詳しいライターの日々晴雨氏がこう言う。

「40代後半になると女性ホルモンであるエストロゲンが減少し、新陳代謝が悪くなることで女性は太りやすくなります。筋肉量も減少し、そのためダイエットをしても若いころのように成果が出ない。自身の急激な体型の変化に戸惑い、緩みやたるみを隠すべく、なるべくボディーラインが目立ちにくい服装を好む女性は多いんです。ただ、テレビで見る限り、有働さんはスリムな体型をキープしていますから、そこまでゆったりした服装を選ばなくても、とは思います。旅行用のリラックススタイルなのかもしれませんね」

 ネットでは、テレビと日常のギャップに戸惑う書き込みが目立つが、有働アナをよく知る業界関係者はこう明かす。

「有働さんの私服? いつも普通の主婦って感じで、気取ったところがまるでないんです。とりたててブランド好きってわけでもないですし、カジュアルな服装で、眼鏡をかけて、自宅近くのカフェでよく資料とか本を読んでいます。気付く人は気付くし、スルーしてしまう人も多い。有働さんは浮わついたところがない、真面目な女性なんですよ」

 私服のセンスさえ話題になってしまう。人気者の宿命か。