青学大の原晋監督

写真拡大

 箱根駅伝4連覇を成し遂げた青山学院大学陸上部の原晋監督(51)が17日放送の日本テレビ系「出川哲朗のアイ・アム・スタディー 知っとかなきゃヤバイよ日本のピンチSP」(火曜・後7時)に出演。たった1時間でマラソンが速くなる裏技「春のランラン大作戦」を伝授した。

 青学のグラウンドに滝沢カレン(25)、丸山桂里奈(35)らを招いた原監督はメンバーの800メートルのフォームをまずチェック。「青学は準備運動を大事にしている。まず、腕の稼動領域を広げて、頭からかかとのAG(青山学院)ラインをまっすぐ伸ばして走りましょう」と次々と熱血指導。地面を強く蹴る青学秘伝の「ケンケン走り」も伝授。1時間の指導でメンバーの800メートルのタイムを20〜50秒アップさせ、ニッコリ。

 「こんな秘密の練習をテレビで公開しちゃって良かったんですか?」と心配するメンバーに「最後の(秘密の)サジ加減が青学には詰まっているんですよ」と自信をのぞかせていた。