10歳、15歳と年齢差があっても結婚する方も増えてきているようです。今回は年上の男性との恋愛で注意したいポイントをお伝えします。

ポイント1:周りの目

年の差が10歳離れている方との結婚というのは、ご両親の世代としては一般的ではありません。ですから、将来のことなどを含めて親の世代とあなたの世代で大きな考え方のギャップがある場合があります。

基本的には周りとしては同世代や若い男性との恋愛、そして結婚を臨む傾向がまだまだ日本では強いように思います。

そういう周りの目の中で恋愛を続けていかなくてはならない、そういう覚悟をまずは持つことがポイントです。そうしないといろいろとブレてしまいます。

ポイント2:結婚を前提とするのか

男性は恋愛の延長に結婚を見据えている場合が多いです。あなたがもしも結婚は全く別と考えているのであれば、最初にそれをお相手に伝えるようにしましょう。

お相手は年齢が高齢ということは、余計なことに時間を使っている余裕が無い場合もありますし、結婚の意思が無い女性とのお付き合い自体望んでいないこともあります。

年上の男性とお付き合いする場合は、結婚についてはあえて積極的に意見交換をするようにしましょう。

ポイント3:対等

年齢差がある場合、対等の関係というのは中々築きにくいものです。長い時間をかけて、お互いにリスペクトできる部分を探していき、その先にパートナーシップがあります。すべてを同じような対等な関係であることが適切なパートナーシップとは限りません。

年上だからといって全ての責任を押し付けたり、なんでもしてくれるはずだという思い込みは絶対にしないようにしましょう。年齢差があったとしても、あなたが彼を支えてあげられることは何なのかを考えていくことが恋愛を成功させるための大切なポイントです。

おわりに

いろいろな価値観がありますので、本当に好きで信頼できる方であれば、最後は貴方自身で年齢差をどう捉えるのかを決めていくことが大切です。

お坊さん        恋愛コーチ さとちゃん 合掌

(愛カツ編集部)