20日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)で、旭川動物園元園長・小菅正夫氏が、アニマルライツセンター代表・岡田千尋氏の発言に唖然とする場面があった。

番組では、動物園や水族館について「いる?いらない?」と出演者が議論を展開。小菅氏は「必要である派」に、岡田氏は「不要である派」にそれぞれ陣取っていた。

岡田氏は動物園について、「動物の命を軽視した導入・展示の仕方をしている」と指摘した上で、「虐待の場である動物園はなくすべき」と意見。一方、小菅氏は「地球上には人間だけではなくさまざまな生き物が暮らしており、動物園という存在からそのことを認識できる」と説き、両者は序盤から早くも意見が対立した。

そのなかで岡田氏が、3D展示の方が動物園より見る側は入り込めると提案すると、小菅氏は「何言ってるんだ、あなた?」「(3Dは)誰かが作ってるでしょ!」と一蹴。これに対し、岡田氏は「動物園だって、小菅さんたちが作ってるものですよ?」と反論し、水族館も動物園と同様、生き物を支配する場だと主張した。

岡田氏の見解によると、動物園や水族館に住む生物は人間に連れて来られて管理されており、「監禁されて逃げる自由もない状態」だという。常に人間の管理下にあるより、時として生命の危険にさらされる自然の方が、生き物たちにとって幸せではないかと、岡田氏は語った。

さらに、岡田氏は、動物園や水族館は生き物が本来持っている「エサを探したい」「繁殖相手を探したい」という本能を奪っているともコメント。そんな岡田氏に、小菅氏は「魚だって水族館の環境に満足しているから子どもを生んでいるのではないのか」と反論してみせた。

ところが、番組の話題がペット動物に移ると、岡田氏が矛盾ともいえる発言をする。岡田氏が、動物シェルターから引き取った猫を自宅で飼っていると笑顔で明かすと、「飼っているの?ビックリ!」と、小菅氏は目をむいて唖然とした様子をみせていた。

【関連記事】
宮根誠司氏が海外からのイルカの追い込み漁批判について矛盾を指摘
ビートたけしがイルカ漁に反対する国際世論に反論
岡本夏生、シーシェパードの行動に理解示す「何も意味がなくてこんな事やってるわけじゃない」