中国では安全航行祈願で、賽銭代わりに、硬貨を旅客機のエンジン部分に投げ込む人々が後を絶たたない。そんな状況なだけに、投げ込まれた硬貨がエンジン部分に入るなどし、航空会社はエンジン全体を解体して安全チェックをするなど対応に追われている。このような軽い気持ちで硬貨を投げ入れる乗客が続出していることから、会社側は損害賠償を求めて、裁判に訴えるケースが増えている。中国中部の安徽省の裁判所は硬貨を投げ入れ