14日午後11時50分ごろ、群馬県沼田市高橋場町の古書店から「店内で夫が倒れている」との119番があった。消防と県警沼田署員が駆け付けたところ、男性が血を流して死亡していた。遺体の状況などから県警は殺人事件とみて捜査している。県警捜査1課などによると、倒れていたのは店員で経営者の男性の兄(59)とみられる。店の営業は午後9時までで、帰宅が遅いことを心配した妻が様子を見に行き、遺体を発見した。