「おひとりさま」にはどんな問題が待ち受ける?(イメージ)

写真拡大

 人生の後半戦の正念場のひとつが「親の死」だ。父や母が亡くなった後、悲しむ間もなく、待ち受けるのが「おひとりさま」になった親を巡る問題である。父の死後、「女は強し」を肌で感じたと語るのは、関西大学名誉教授の宮本勝浩氏(76)だ。

【写真】さわやかな白シャツ姿の釜本邦茂氏。他、関西大学名誉教授の宮本勝浩氏

「親父が亡くなった後も母は雑貨屋をひとりで切り盛りして89歳まで働き、96歳の今も元気です。女性は食事の支度も自分でできるし、近所付き合いも多い。母は胃がんの手術をした時だけ我が家で暮らしたが、2〜3か月して元気になると、ひとりで生活したいと田舎に戻っていきました。子供の家だと気も遣うし、近所には知らない人ばかりで面白くなかったみたいです」

 家事をしていなかった男性はそうはいかない。都内の40代男性が語る。

「母が亡くなって、父はみるみる体力がなくなっていった。家に閉じこもり、外出に誘っても『身体がキツイ』と動こうとしなかった。一日中、黙ってテレビを見る生活が半年続き、母を追うように息を引き取りました」

 都内の50代会社員もため息交じりに語る。

「母の死後、残された78歳の父は料理は全くせず、お湯を沸かすぐらい。それも火を使うと危ないので兄弟でお金を出し合い、台所をオール電化にリフォームしました。ところが父は母の死とともに生きる希望をなくしたようで、食事が喉を通らなくなり、リフォームした台所もほとんど使わず半年ほどで亡くなりました」

 淑徳大学社会福祉学科教授の結城康博氏が話す。

「女性は夫が死んでも女同士のコミュニティで元気になる例が多い。注意すべきは妻に先立たれた男性で、特に老夫婦ふたりで生活していた場合、それまで助け合っていた買い物や家事などをこなせなくなり、生活のサポートが必要になることがよくあります」

 日本サッカー協会元副会長の釜本邦茂氏(76)も「妻なしでは生活できない」と自嘲気味に語る。

「僕が自宅でやるのは、妻より先に起きて、植木に水をやって新聞を取るくらい。台所でできるのは水割りの氷をグラスに入れることだけ(苦笑)。食事の準備は全然ダメで、家のどこに何があるかも全くわからない。僕ひとりで生きぬくことはムリだね」

 身につまされる男性は多いだろうが、残された父親のサポートを担う子供も楽ではない。ファイナンシャルプランナーの小谷晴美氏が語る。

「熊本に住む知人の女性は毎日往復2時間かけてひとり暮らしの父親のもとに通い、“仕事”のように食事の支度をしています。『かわいそうで見ていられない』と、身を削って父親を世話する女性はたくさんいますね」

※週刊ポスト2021年4月16・23日号